無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

FOUR
_翌朝_
剣人
起きろーーーーーーー。
あなた

んー…寒い…ん。

剣人
起きろーーーーーーー。ちーこーくー
『遅刻』ということは、あってはならないこと!!
あなた

え?遅刻っ!?

布団を蹴り飛ばし、飛び起きる。
あなた

やばい、今何時!!!!

剣人
6時半。
あなた

え…?

剣人
だから、6時半。
お前、優等生だから絶対に遅刻しないだろ?だから、わざと遅刻って言った。名付けて〜、『自分が遅刻と言われたら、どういう反応するかドッキリ〜』
剣人くんは、ひとりでに『いぇーい(棒)』と騒ぎ立てている。
あなた

ふざけないでよ…

剣人
びっくりした?焦った?
あなた

お前は、小学生かコノヤロー!

私は、そこら辺にあるクッションを彼に向けて投げ続ける。
剣人
やめろよ!いてーだろ!
あなた

お前が悪いんじゃぁぁぁぁ!

春夏
うっさいなー、朝から騒がないでよ…
剣人
黙れ!はるなつ!
春夏
『はるか』なんですけど…?間違えんな、この性格クズ男!
しばらく、3人の間で激しいクッションの投げあいが続き、永遠に続くかと思ったその時。
『バンッ!』
一斉に音の主の方へ向く。
うるさい…
あなた

すみません…

春夏
ゆ、湯川さん…
湯川
まだ、朝だよ。元気なのはいいけど、ほどほどにね。
剣人
はい…
湯川さんは、スタッフさんの一人。初日にもきちんと挨拶させていただいた人だ。
結構、顔も整っていて女性スタッフからはモテモテ。
あなた

気をつけます。

湯川
うん。じゃあ。
そして、さっきとは裏腹に優しくドアを閉めていった。
その後は、3人とも気まずくなり沈黙が続いた。朝ごはんを食べるまで。
__________
千尋
じゃあ、今日は彼らはいないのでこのデータを処理してもらいます。
あなた

わかりました。

春夏
はい!
剣人
はーい…
朝ごはんを食べ数十分後。仕事開始。
データといっても、パソコンのUSBとかいうやつではなく、大量の紙の資料。
それを、処理場まで運ぶのだ。途方もない。
しかも、重い。
あなた

よいしょ!

春夏
あなた行こっ。
あなた

うん!

処理場まではたいして遠くはないので、腕が疲れることはそう無さそうだ。
春夏
ねぇ…あなた…ちょっと聞いてくれる…?
いきなり何をいうかと思ったが、驚きはしない。
なぜなら、声が小さい。暗めのトーンになる。自信なさげに話す。そんな時は、何かと私に、相談したいことがあるからだ。
あなた

どうしたの?

春夏
あのさ、こんなこと思うことって…ダメなことかもしれないんだけど…
あなた

うん

春夏
実は…
春夏は言葉を詰まらせ、立ち止まった。
春夏は大きく深呼吸して、告げた。
春夏
私…フニさんのこと…気になってるの…いや、好きなの…
あなた

ふーん…ん?って…
ええええええええ!!!!????

春夏
しっーーー!!!!
聞こえる!!!!
あなた

ごめん…

いつもとは違う内容だし、衝撃事実!
春夏
絶対内緒ね!
あなた

う、うん…

春夏
ありがとう!
そして、春夏は歩き出す。
あなた

ちょちょちょ!待って!

春夏
ん?
あなた

何で、いきなりどした?

春夏
え?
あなた

何で急に好きになったの?

春夏
一目惚れ…?ってやつかな?
あなた

お、おう…

春夏
でね、フニさんと仲良くなるにはどうしたらいいかな?
あなた

んー、そうだね…てか…

私は一拍あけてから気になっていたことをぶつけた。
あなた

フニさんって…誰?

春夏
え…
__________
_自室にて_
春夏
いや、まさかあなたがメンバーの名前をしらなかったとは…
あなた

だから、ごめんって

春夏
まあ、よく考えればそうだわな。大体あなたWINNER自体知らなかったもんね。
あなた

でも、さっき教えてもらったから分かるよ。

そう、さっきメンバーの名前をしらなかったことによって、さんざん叩き込まれたのだ。
春夏
んじゃ、確認ね。
そう言って、春夏は私にWINNERの画像を見せた。
春夏
はい、じゃあ、この人は?
あなた

ミノさん

春夏
じゃあ、これは?
あなた

ユンさん

春夏
じゃあ、これは?
あなた

フニさん

春夏
そう♡
最後!この人は?
あなた

ジヌさん

春夏
ピンポーン!
もう、完璧だね。
あなた

だねー(棒)

春夏
何でさ、そんなWINNERに興味ないのー?
あなた

え…?

なんでって言われても…
脳内で必死に答えとなるものを探す。
あなた

んー、さぁね?

春夏
はぁ…
じゃあ、4人の中で一番いいなって思った人は誰?
あなた

春夏は?

春夏
フニさんに決まってるじゃん!
で?あなたは?
話そらす作戦失敗。
あなた

んー……さん…

春夏
は?声ちっちゃいよー!
あなた

ジヌさん…

春夏
うぉーーーー!
マジか!ジヌくんなんだ〜!
あなた

何よ。

春夏
いや、意外だったから(笑)
あなた

そ、そう…

すると、ふと部屋に入ってきた剣人くんにも、春夏は強引に質問攻めにしていた。
春夏
んねぇ!誰が一番いいと思う?ねぇーーー!
剣人
うっさいなー!んもぉ、ミノさんかユンさん!
こんでいいだろ!
春夏
チェー…もう、いいですぅー。
やっぱ、こうなる。
毎回毎回、私が仲裁にはいるのだ。
はい、今回も頑張ります。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

mou
mou
▻► A Song For You _. 涙がこぼれ落ちるその前に そっと I sing this song for you ._ ❥ WINNER:Seungyoon 'まじ好き' 何を言われようとも推すから。 気軽に声かけてください(˙꒳​˙ )͟͟͞͞ = ❥ うさまる ❥︎ ロゼちゃん 사 랑 해 요
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る