プリ小説

第18話

EIGHTEEN
私はジヌさんの元に走る。
『コンコン』
ジヌ
はーい
ドアをノックすると、ジヌさんが出てきた。
きっと、今は1人だったのだろう。
あなた

ジヌさん、ちょっといいですか?

そう言い、ジヌさんに部屋に入れてもらった。
あなた

あ、あの、言いたいことがあって…

ジヌ
言いたいこと?
ダメだ…ドキドキして、言えない。
喉まで来ているのに…
あなた

あ、えっと…その…//

ジヌ
…?
あなた

やっぱり、何でもないです。

ジヌ
えー、気になるじゃん(笑)
そう言って、ジヌさんは苦笑いして何かをしに私に背を向けた。
その時、
あなた

好きです!!

思わず言ってしまった。
やばいどうしよう…
ポロッと口から出ちゃった…
ジヌ
え…?
やばい、ジヌさん…すごく戸惑ってる。
あなた

ご、ごめんなさい…キモいですよね…

すると、ジヌさんは私の腕を掴んで抱き寄せた。
あなた

え…//

ジヌ
もう1回言って…
あなた

え…

それって…好きってもう1回言えってこと!?
ま、マジで…
あなた

私…ジヌさん…のこと…好きです//

ジヌ
僕も。
あなた

え?

え?自分も自分が好きってこと?
ジヌ
僕も、あなたちゃんのこと…好き…//
あなた

え!?嘘…

ジヌ
ほんとに。
なんで…そんな…絶対ジヌさんには振られると思ってたのに…
ジヌ
あなたちゃん…
あなた

は、はい…

ジヌ
僕と付き合ってください…//
嘘…倒れる…
そんな、まさかジヌさんから告られるなんて想像してないから、準備もなんもしてない…
で、でも…自分の気持ち伝えなきゃ。
あなた

よ、よろしくお願いします…//

ふと、ジヌさんの顔を見るとすごく弾けた素敵な笑顔だった。
ジヌ
ほんとにいいの!?
あなた

はい!

ジヌ
よかったぁ…!
あなた

私、絶対ジヌさんに振られると思ってました。

ジヌ
僕も絶対、あなたちゃんに振られると思ってた(笑)
あなた

そうなんですか!?

ジヌ
うん。だから、あなたちゃんが告白してくれた時ほんとにびっくりした。
あなた

私も、ジヌさんが告白してくれた時すごく驚きました!(笑)

そう言って、2人で笑い合う。
すると…
ジヌ
あなたちゃん…
あなた

はい!…ん!!

私はジヌさんに呼びかけられ、顔をあげた瞬間…唇に何かが触れた。
え…キス…されてる…?
あなた

しばらくすると、ジヌさんの口が離れた。
ジヌ
ごめん…//いきなり…//
あなた

ジヌ
あなたちゃん?
あなた

完全にフリーズ。
ジヌ
え、どうしたの?
あなた

ひ、卑怯です…

ジヌ
え?
あなた

これ以上…好きにさせる気ですか?

ジヌ
え…//
そう言って、今度は私からジヌさんに抱きついた。
ジヌ
ちょ…//
あなた

仕返しです…(笑)

ジヌ
あなたちゃんこそ…これ以上好きにさせる気?
あなた

そんなことないです…

その後は、ジヌさんにも私にも仕事があるので、また会う約束をして、私は部屋を去った。
そして、私は急いで春夏に報告しに行った。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

mou
mou
浮上してます。 "夢紀行" → ビビッと思いついたので、とりあえずこれ中心で、一気に更新していきます。 WINNER・・・I LOVE。 好きな人いたら、語りましょう(˙꒳​˙ )͟͟͞͞ = ユンくん まじで好きやで。 マイファス&マンウィズ 気軽に声かけてください(˙꒳​˙ )͟͟͞͞ = ❥ うさまる ❥︎ ロゼちゃん 사 랑 해 요 ❥ ばなな🌻🌷ちゃん : "WINNERを語ろう"