無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

4,364
2021/03/10

第172話

😈
そして結婚式当日。


あなた『…ふぅ…』

恭平『そんな緊張すんなよ(笑)』

和也『ほんま昔からそうよな(笑)』


メイクをしてもらっている間、緊張で身体が震えている。




















和也『うわ…別人やん』

恭平『めっちゃ綺麗っすよ』


メイクが終わり、私はドレスを着た身体でくるっとゆっくり回った。



















和也『…まじで羨ましい』

恭平『ほんまは俺の彼女の予定やったんに…』

あなた『ちょっと何言ってるの?(笑)』


連写をする高橋くんを見て苦笑い。

すると



























駿佑『姉ちゃん!』

あなた『駿佑!?』


ドアが開き、私を抱きしめる駿佑。


















あなた『…あんた…どうやってきたの…?』

駿佑『ん?飛行機でブーンって』


駿佑は確か、遠くの大学に通ってたはず。

すると駿佑が私に携帯の画面を見せた。




















あなた『…え…これ…』

駿佑『うん、これ俺』

あなた『…駿佑あんた…』


そこにはモデルの駿佑がいた。