第38話

😈
和也『…あれ?あなたやん!』

あなた『あ!はっすん!』


私が資料を持って社内を歩いているとはっすんが前から歩いてきた。























和也『…仕事…大変なんだ(笑)』


はっすんは私の持っている大量の資料を見て苦笑いでそう言った。




















あなた『…まぁ…いろいろ?(笑)』

和也『…あのさっ』

あなた『…ん?』



するとはっすんは気まずそうになった。

























和也『…えっと…あの…』

あなた『え、なになに(笑)』


私はなかなか話さないはっすんに近づいた。


























和也『…っ!?/////』


はっすんの顔がだんだん赤くなっていく。













あなた『…え!?熱あるんじゃ…』


私はそう言ってはっすんに触れようとすると






































恭平『あ!あなたさん!』


遠くの方から高橋くんが走ってきた。