第24話

😈
あなた『…ん』




























あなた『…え!?』



隣を見ると高橋くんが裸で布団を被って気持ちよさそうに眠っていた。






















あなた『…痛っ』


どういう事かよく考えていると腰に痛みがきた。














あなた『…嘘…』



もしかして…



そう考えていると



























恭平『…ん』


高橋くんがゆっくり目を開けた。

そしてふにゃっと笑うと
































恭平『おはよ…あなた…』






そう言って私にキスをした。