無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第7話

都合のいいこともあるもので
詩織
私と…、友達に?
私と友達だなんて…。

そんな…、、
美空
うん、そうだよ。
私と友達になってよ。
そんな、、都合のいいことあるわけがない。

散々私たちは…、いいや、私は、蔑んできたのに。

直接とかじゃなくても、間接的に。
詩織
そんな、都合のいいことあるの?
私は散々、みんなをっ…!
美空
別に誰も恨んでなんていないよ。

だから…さ?



…、きっと友達になるのが一番なんだろし、

私も美空と仲良くなりたい気持ちはある。


そうか、私は、『償い』だなんてして、勝手に許された気分になろうとしていただけで。

それなら、まあ、いいのかもしれない。
詩織
わ、わかった。
よろしくね、美空。
美空
ははっ!!
ありがとう、し、詩織!
その満遍の笑みは反則技だ。

『詩織』だなんて。

私はここ最近の私で一番素直になれたと思った。














*****

ーーー笑い合う2人は気づかなかった。

友達となった2人を恨めしそうに見ていた影を。

*****

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ゆゆ
ゆゆ
ゆゆです 二ヶ月ぶりに浮上!! 【連載中】 『バイバイ1軍様』 ※そのままの所で2章に入ります。 『まってよ先生。』 【不定期更新】 『掲示板…?的なものです。』 【完結】 『君が髪を切る時に』 『バイバイ1軍様』 『いれかわりラブレター』 【休載中】 『フォーエバーゲーム』 【連載予定】 ☆100ーーーありがとうございます!!
ホラーの作品もっと見る
公式作品もっと見る