無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第28話

豹変
陽奈
詩織ちゃーん!
詩織
何…?

私は陽奈に呼ばれて、陽奈を睨みつけた。


私のいじめられ3軍ポジョンは、
新学期になっても健在だ。


ここが私のスタートライン。
陽奈
犬が、人間様の言葉喋ってんじゃねーよ!
詩織
はぁ?

悪態をついた私に、

陽奈は『犬みたいに喋れ』と言って、


ゴミ箱を私の頭の上でひっくり返した。

近くにいた優衣は『きたなっ!』と呟いた。

私の元親友の優衣の方は、1軍に上がった。
優衣は沙月とも離さなくなって、


見事な高飛車ギャル女になった。


それもこれも、私が3軍にいったから。
優衣が2軍のトップになり、1軍まで上がった。




親友だった頃の面影もない。
陽奈
じゃあ詩織犬、、
私たちの分のパン買ってきて。
陽奈はそういうと、私に500円玉を差し出してきた。

行こうとする私に、陽奈が注文をつける。
陽奈
フルーツサンドと、オレンジジュースね!
優衣
あたし、カツサンド食べたい!!
莉音
私は、ミルクパンと塩パン
詩織
ちょっとまって!


もしかして……、


自腹を切らないといけないパターンか。
このやり取りを、最近何回もやっている気がする。
陽奈
七瀬は???
七瀬
私、いいや。

私の言葉を無視して、話は進んでいく。


フルーツサンドにカツサンド。
ミルクパンに塩パンで、オレンジジュース。


絶対に500円で収まるわけない。
陽奈
ん、じゃあよろしくね。
詩織
お金、足りないけど??
優衣
は?わんちゃん、何いってるかわかんなーい!


優衣の変わりようには驚きだった。
豹変したようだった。


私は教室から廊下へ思いっきり押された、
そのまま、廊下に出た私は人にぶつかってしまった。

私はその人の顔を見た瞬間に目が離せなくなってしまった。


なぜなら……、
詩織
す、すみませんっ、
????
大丈夫??


















ーーーーーぶつかった相手は美空に、どこか似てる人だったから。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ゆゆ
ゆゆ
ゆゆです 二ヶ月ぶりに浮上!! 【連載中】 『バイバイ1軍様』 ※そのままの所で2章に入ります。 『まってよ先生。』 【不定期更新】 『掲示板…?的なものです。』 【完結】 『君が髪を切る時に』 『バイバイ1軍様』 『いれかわりラブレター』 【休載中】 『フォーエバーゲーム』 【連載予定】 ☆100ーーーありがとうございます!!
ホラーの作品もっと見る
公式作品もっと見る