無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第43話

バイバイ1軍様
詩織先輩、待ちました?
詩織
今来たとこだから大丈夫だよ。
私はあれから海と付き合っている。

不破くん呼びはやめて、呼び捨てになっているのはそれが理由。


私の生活は一気に変わった。


美空、みてる?

美空の仇はとったよ?

私はクラスの1軍トップになった。
陽奈には登校し始めるように命令した。

命令を聞いた陽奈は、沙月とともに私の取り巻きをしている。
陽奈は私の沙月を堕とす計画を知っている。





女子
ねえ、これ、ヤバくない?
女子
詩織、こんなことやってたの?
詩織
どうしたの?
女子
いや、これ…。
2軍のごくごく平凡な女子に話しかければ見せられたのはスマホの画面。

『◯△高校裏サイト』

書かれていたのは…、、




私の、悪事について。
だれが、こんなこと。
戸惑うのは無理はないだろう。

私がした一連を知っているのは陽奈と沙月。
陽奈はこんなことできないはずだし。


じゃあ、沙月が…、、やったの?
女子
え、ちょっと詩織?
気がつけば私は沙月の元へ走り出していた。
こんなこと、こんなこと!!

探し回って、たどり着いたのは、放送室。
扉を開ければ沙月が座っていた。
詩織
ねぇ、沙月がやったの??
沙月
うん、そうだよ。
だって、全部事実じゃん。
詩織
そ、それは…、そうだけど、!
焦る私をよそに落ち着いている沙月がムカつく。
なんで、こんなこと。
沙月
あ、認めた!
全校生徒のみなさーん、認めましたよ!

放送用マイクに口を近づけそう言った沙月。

その行動は謎で。
私は、意味がわからなかった。
詩織
なに、してるの?

恐る恐る聞いてみれば、沙月の笑顔は怖かった。
怖いのは知っていたけど。

それでも怖い。
沙月
今の全部放送してたの!
これで詩織も終わりだね!
詩織
なんで、こんなこと!

私の声が叫びに変わる。
私が沙月になにをしたって?

沙月への計画はまだ先なのに。
沙月
海をあたしから奪うからだよ。
低い冷たい声は私の心を突き刺す。

海のせい?
そんな、そんなことあるのか。

頭に回るのは『絶望』ただそれだけ。
私の1軍の地位は終わった。

もう、終わりだ。
せっかくここまできたのに。




あれ?私のしたかったことってなんだっけ?
美空の仇とり……、、だよ?


じゃあなんで地位のことなんて考えたの、私。
なんで、なんでよ。
沙月
……………っ。
詩織
あぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!





***











自分の精神が壊れていくのがわかった。
自分が消えていくのではないかと恐怖を感じた。


なにを間違えたのか。

取り返しのつかないことをしたのか、どうなのか。


頭の中で巡る考えはぐちゃぐちゃになって消えていく。


ひとつひとつ消えていって、最後には何もかもどうでもよくなった。




けれど、私の心に今でも残っているのは。
残っているのは、沙月が最後に言った言葉。
たった一言のその言葉。







『バイバイ1軍様。』




ーーー完

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ゆゆ
ゆゆ
ゆゆです 二ヶ月ぶりに浮上!! 【連載中】 『バイバイ1軍様』 ※そのままの所で2章に入ります。 『まってよ先生。』 【不定期更新】 『掲示板…?的なものです。』 【完結】 『君が髪を切る時に』 『バイバイ1軍様』 『いれかわりラブレター』 【休載中】 『フォーエバーゲーム』 【連載予定】 ☆100ーーーありがとうございます!!
ホラーの作品もっと見る
公式作品もっと見る