無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第34話

親友だった人(1)
先生からの放送))至急、職員室に来なさい。




そう、放送で学年で一番怖い女の先生に呼ばれたのは、優衣だった。

真っ青な顔をした優衣は、急いで職員室へ向かう。

理由は簡単で、単純。

ただ、先生が例のDVDを見たから。


というか、私が匿名で先生に届けたから。

勿論、優衣の家のポストにも、今朝入れてきた。


……ことの発端は、今日の朝。

私はDVDの何シーンかを、写真に現像した。
それを朝、一番早くに教室にきて、黒板に貼り付けたのだ。

因みに、そのあと私は教室を離れておいて、みんなが来る時間に教室に戻った。




反応は予想通り。
優衣は、私がやったと気付いているのだろうけど。


誰も優衣の弁解を聞こうとしないのは普通のこと。

結局、優衣はお昼の時間になっても、戻ってくることはなかった。
莉音
優衣さー、勝手に行動してたんだね!
だから、ばれるんだよ。
七瀬
ほんと、うざいね。
莉音
ねえ、戻ってきてもハブろうよ。


私は思わず、莉音の言葉に反応してしまった。

1軍から落とされるのか…、、。



優衣が私を裏切った末に、1軍に裏切られるだなんて。
面白すぎて、笑いをこらえるので精一杯だ。


さあ、バイバイ、優衣。


あんたのことなんて親友だなんて思ってないよ。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ゆゆ
ゆゆ
ゆゆです 二ヶ月ぶりに浮上!! 【連載中】 『バイバイ1軍様』 ※そのままの所で2章に入ります。 『まってよ先生。』 【不定期更新】 『掲示板…?的なものです。』 【完結】 『君が髪を切る時に』 『バイバイ1軍様』 『いれかわりラブレター』 【休載中】 『フォーエバーゲーム』 【連載予定】 ☆100ーーーありがとうございます!!
ホラーの作品もっと見る
公式作品もっと見る