無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第13話

美しい空と書いて(2)
今回も美空のターンです!
次くらいまで続く予定です!

******


母が朝帰りをするようになった。

それでも家に連れ込むことはなかったし、私たちを追い出そうとすることもなかった。


今でも仲はいいし、私たちのことを気にかけてくれている。

…母親として当然と言われてしまえばそうなのかもしれないけど。
美空
な、ななちゃん?
ご飯食べよう、ハンバーグ作ったから。

私は『ななちゃん』の部屋の扉をノックする。

母の給料に加え、遠くに住んでいる母の兄…まあ私たちのおじさんが、お金を送ってくれており、生活には困っていない。
七瀬
うるさい。
そんな不味いご飯なんて、私無理。
美空
お母さんのご飯よりは美味しくないかもだけど…さ!
七瀬
BBAババアの事出さないでよ、
ーガシャーン!!

『ななちゃん』が部屋の中で何かをドアに向かって投げたのだろう。

大きな音がした。
美空
ごめんね…、
じゃあ、あとでおにぎりでも置いておくから、気が向いたら食べて。
私はそれだけ言い残して部屋の前を後にした。


一人で食べるご飯は寂しい…。
それはとても思う事だ。
母が『そういう事』を仕事にするようになって、『ななちゃん』は、派手な化粧をするようになった。

胸元の開いた服を着て、短すぎる丈のスカートを履いて。

毎晩、何処かへ出かけるようになり、朝帰りをするようになった。

私はどこに出かけているか知っている。
…というかある晩、尾行した。

『ななちゃん』は母と同じ事を、『そういう事』をしていた。

そこにいるのは、私が知っている、私の双子の妹の『ななちゃん』ではなくて…、








ひとりの女の『七瀬』だったーーーー。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ゆゆ
ゆゆ
ゆゆです 二ヶ月ぶりに浮上!! 【連載中】 『バイバイ1軍様』 ※そのままの所で2章に入ります。 『まってよ先生。』 【不定期更新】 『掲示板…?的なものです。』 【完結】 『君が髪を切る時に』 『バイバイ1軍様』 『いれかわりラブレター』 【休載中】 『フォーエバーゲーム』 【連載予定】 ☆100ーーーありがとうございます!!
ホラーの作品もっと見る
公式作品もっと見る