無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第16話

🐯🐣
Taehyung
Taehyung
にひひっ
Jimin
Jimin
お前その二ヒヒッって何だよ。
Jimin
Jimin
キモイよ??
Taehyung
Taehyung
五月蝿いなぁっ!!
Jimin
Jimin
あっ、分かった(ニヤッ)
Jimin
Jimin
ジョングク君でしょ!
Taehyung
Taehyung
な、なんでっ…!?//
Jimin
Jimin
まぁ、勘?
Jimin
Jimin
腐男子舐めんなよ?



そうだ。そうでした。このパクジミンひと味違うんだった。


ジミン先生は僕がゲイで腐男子って事を知っている。


でもそれを言ったのは僕じゃない。



普通なら、親しくなって僕からカミングアウト...っていう展開でしょ?


でもね、ジミン先生は会った当日に気づいたんだ。


僕がゲイだって事を。


──2年前


入学式早々、緊張のし過ぎで体調を崩していた僕は保健室で休んでいたのだ。
Jimin
Jimin
テヒョン君だっけー?大丈夫ぅ?
Taehyung
Taehyung
は、はい。大丈夫です…
Jimin
Jimin
そぉー?てか、腐男子?ゲイ?
Taehyung
Taehyung
あ、はいっ、ってえぇぇ!?
Jimin
Jimin
あっ、やっぱり
Jimin
Jimin
僕と同じ匂いがしたから(ニヤッ)
まぁ、君とは仲良くなれそうだ!
Taehyung
Taehyung
いや、えっ、ちょ、!?
Jimin
Jimin
僕はパクジミン、見ての通り保健室の先生さっ!僕も腐男子だよ!君の事はこれから沢山知っていくつもりだから自己紹介は無しで!
Taehyung
Taehyung
は、はぁ、、
Jimin
Jimin
じゃ!よろしくね!テヒョン君♡

ってのが初めての出会い…破天荒にも程があるよな。


まぁ、そんなこんなで素晴らしい関係になったんだ☆←
Jimin
Jimin
で、ジョングク君と何があったの!待ちくたびれた!
Taehyung
Taehyung
はいはい…w
















nextstory























今日はジンくんのセンイルですねッ!




생일축하해용💕