無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

🐣🐯
いつもの昼放課

大きく口を開けて腹から全ての空気を吐き出すかの様に大声で僕は今日も先生の名前を呼ぶ。
Taehyung
Taehyung
じみなぁぁぁぁぁ!!
Jimin
Jimin
その呼び方やめてって言ったよね!?
Taehyung
Taehyung
ジミニヒョン!
Jimin
Jimin
俺一応先生だからな!?
Taehyung
Taehyung
うんうん♡わかってるよ〜
Jimin
Jimin
はぁ…本当に分かってるのかよ…
あっ!そうだ!
放課後、トイレ掃除でもどう?(圧)
Taehyung
Taehyung
い、いや、それは遠慮しておきます!!
このとっっっても五月蝿くて面白いひよこは、保健室のジミン先生!



僕の唯一の居場所がここ、ジミン先生のいる保健室なんだ。



ジミン先生は僕が唯一信頼できて本音を話すことのできる相手。
相談もできるし、愚痴も聞いてくれて、優しいから大好きな先生。


でも、すんごい扱き使われてるけどね!?


掃除に雑用…欠席者の人数調べやら、留守番やら……生徒をなんだと思ってるんだっ!←





まぁそれでも、大好きな先生なんだけどねっ
 







ちなみに先生は僕の秘密も全部知っている…
決して人には知られたくない秘密を。


















nextstory