無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

🐯
いつものように靴を脱ぎ、いつものように席に座る。



いつものように一人静かにお気に入りの本を読む。
さぁ!またジミン先生と僕だけの普通で平和な学校生活が今日も始まる!

けれど、ずっとこのまま平凡に学校生活を終えるのだろうか…


最近は陰キャ卒業できるのかさえ危うい...


まぁ、いいや!平和ならそれでいい!


よし!HR終わったらジミン先生の所に行って昨日のドラマのお話しよっ!!
── 5分後...


絶賛読書に没頭中。



丸眼鏡君、本を読み始めるとシャッターを閉めちゃったかのように周りが見えません

会話なんて似ての外。周りの雑音ですら彼の耳を通らないのだから

そして何よりも恐ろしいのが独り言が多い彼は自分の発している言葉も聞こえていません。

ここまで来ると危険ですね。←
Taehyung
Taehyung
わぁ、この次の展開なんだろ...
Jungkook
Jungkook
どんな展開なの?
Taehyung
Taehyung
次絶対幸せだよ。てか、主人公可愛すぎでしょ…
Jungkook
Jungkook
おーい?
Taehyung
Taehyung
この話ハッピーエンドの予感しかない...!
Jungkook
Jungkook
おーい?
Jungkook
Jungkook
キムテヒョンさーん?
!?!?!?!?
Taehyung
Taehyung
な、何で此処にっ、、!?
Taehyung
Taehyung
あ、っ、じゃなくて…
お、おはようっ……
Jungkook
Jungkook
おはよwww
Jungkook
Jungkook
俺と同じクラスなの忘れたの?
Taehyung
Taehyung
い、いや!知ってます...
Taehyung
Taehyung
でもどうしたの…?何か僕に用事でも、、?
Jungkook
Jungkook
え?いや、ただ気になったから話しかけただけ。
Taehyung
Taehyung
あっ、え、えっと…そ、そーなんだ…!(顔が近い///)
ちょっ、バカなの!?朝から話しかけてくるとか心臓持たないじゃんっ///てか顔近いよ…///

や、やばい…僕ちゃんと話せてたかな…
Jungkook
Jungkook
主人公より絶対君の方が可愛いのになぁ(((ボソッ
Taehyung
Taehyung
え?なんか言った...?
Jungkook
Jungkook
ううん!何でもない!
Jungkook
Jungkook
そういえば!ずっと気になってたんだけど、なんの本読んでるの?
おっと、キムテヒョン氏。人生最大の大ピンチです。


学校一の美男子。そしてまだ自分では気付いはいないが初恋の相手に、絶対に知られたくない彼の秘密がバレそうです...!!!














nextstory