無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

🐯
あの後ボッコボコにジミニヒョンを絞めた後、家に帰っての〇太のように寝た。←



そのせいで朝起きたら、顔浮腫んでるし、まっっっったく学校に行く気分にならないっ!


はぁ…最悪だ。
Taehyung
Taehyung
あぁぁぁ、、行きたくない…
じん
じん
やぁ!今日も僕の顔は決まってるね☆
Taehyung
Taehyung
あ、ヒョン。まだ仕事行ってなかったんですか。
じん
じん
休みと言う名の寝坊さっ!
じん
じん
で、どしたの?そんな顔して
Taehyung
Taehyung
いや、ただ学校に行きたくないなぁって。
じん
じん
え!?あのテヒョンアが!?
じん
じん
え、ちょ、なんで?僕の朝ごはんが美味しすぎて感動しちゃった…???
Taehyung
Taehyung
じゃ、学校行ってきます。
じん
じん
よし!行ってくるんだ!

あのちょっとよく分からない人は一応、"一応"僕のヒョン。



3つ歳上のはずなのに…(((察して
Fabyol
Fabyol
じょんぐく君おはよ〜♡
Mire
Mire
今日もかっこいいね〜♡♡
「ちょっと押さないでー!」

「わたしのジョングク様っ!」

「ねぇねぇ今私、目が合ったよ!?」

「はぁ?自惚れてんじゃないわよ!私が目合ったの!」



相変わらず騒がしい朝だ。
Taehyung
Taehyung
はぁ…なんで今日も人気なの…
まだその時僕は、

"今日もいつもと変わらない平凡な1日を過ごせる"
と、思っていた。














nextstory