無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

🐯
Taehyung
Taehyung
あぁ、また集まってる…
現在午前8:00


高校3年生、キムテヒョンは絶賛登校中。



11月にもなると、めちゃくちゃ寒い。

特に寒がり&冷え性な僕にとっては拷問だ…





「冬なんて大嫌い」






そんな僕の視線の先には女の子たちの集団。

もちろんその中心には


学校一の美男子、チョン・ジョングク君。

あのルックスに加えて高身長で、スポーツ万能。そして、ダンス部部長まで務めてる…



到底、僕が近づける存在じゃないし、出来れば関わりたくない…

正直、周りの女の子も怖いし…




だから今日も、避けるように自分の席に座った──












nextstory