無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

🐯
な、、なんでこうなるのぉぉぉ!!!!


最悪な放課後、最悪な一日...



ー数時間前ー
Jimin
Jimin
よし、できた!テヒョンア!
Taehyung
Taehyung
なんですか…?
Jimin
Jimin
放課後暇でしょ?
Jimin
Jimin
この書類、図書室に返してきて!
Jimin
Jimin
あと、これは職員室に!!
Taehyung
Taehyung
…え……えぇ…
Taehyung
Taehyung
ってか暇って決めつけないでよ!
Jimin
Jimin
いやだってほら、現に今だって保健室に来てる訳だし…暇じゃん?
えっ、まさか用事なんてないよね…??
Taehyung
Taehyung
うぅ…、
わ、わかったよ!
って事があり現在扱き使われ中のテヒョンです。


はぁ…なんで今日も僕扱き使われているんだ…


重いし、図書室4階だし…僕ダイエットなんてしたくないんだけど…←

しかも多すぎて前見えないし!!


黙々と頭の中で愚痴を零していると
Taehyung
Taehyung
よしっ、あと3段っ…
Taehyung
Taehyung
って、危なっ…!!!


「あ、やべ、これやったわ。」脳内の僕が完全にそう悟った。




その瞬間視界が歪んで僕は落ちる事確信しました。←













nextstory