無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第36話

🐰


テヒョンが出ていった後のお話_
EUN-WOO
EUN-WOO
改めて…
EUN-WOO
EUN-WOO
チャ・ウヌです。よろしく^^*

なんだ?此奴。無駄に余裕な雰囲気醸し出してんのうざ。無理だわ。





なんか手ぇ出してるけど、絶てぇ握手なんかしてやんねぇ。
Jungkook
Jungkook
ん。
EUN-WOO
EUN-WOO
えっと…君は…?
Jungkook
Jungkook
ジョングク
EUN-WOO
EUN-WOO
あ、そうなんd
Jungkook
Jungkook
お前さ、てひょんあとどんな関係?
EUN-WOO
EUN-WOO
幼馴染だけど…
Jungkook
Jungkook
あ?
何だ此奴。まじかよ。



やっぱり好きになれねぇ。つか出会って早々嫌いだわ。



それに、俺の知らねぇてひょんあを知ってるってとか…
あ"ぁぁ!!もう!!ムシャクシャしてやってらんねぇよ…




本当にムカつく。
EUN-WOO
EUN-WOO
え、っと…?
Jungkook
Jungkook
率直に言うと俺、てひょんあの事好きだからさ、邪魔すんなよ?
EUN-WOO
EUN-WOO
え?あー…それは出来ないよ?^^*

あ、此奴ヤベェやつだ



雰囲気ガラッと変わった



笑顔だけど、目が笑ってない。一筋縄じゃ行かねぇやつだわ。



EUN-WOO
EUN-WOO
俺、ずっと昔からてひょんあの事好きだから。その頼みは断らせて頂くね
















nextstory