無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

🐰
"絶対にこのチャンスを逃がさない" 



なんて数秒前までこんな事思ってたのに、なんか俺嫌われてる…?

キョドってるし、苦笑い。

え、なんかしたっけ…?俺。


やっぱり、目付きが悪いのだろうか…
それとも話し方?


どう考えても真相が分からない。
Taehyung
Taehyung
ぼ、僕もう行くね!!
Jungkook
Jungkook
あっ、行っちゃった…
ほぼ会話してないし、何も知れなかった。


そもそも俺は丸眼鏡君、いやテヒョンにどうしてここまで拘っているのだろう?

まさか…

「俺が?男を?好き?い、いやいやいや。w」

でも…


"気になる"



それが、恋愛的なのか…彼が浮いてるからなのかはわからないけど、…
Jungkook
Jungkook
胸が苦しい、
Jungkook
Jungkook
俺もしかして…本当にキムテヒョンの
ことが好きなのか…?

そうと分かれば、迷うことは無い。


自分の気持ちに気づいてしまった彼は危険だ。


Going my wayな性格のジョングクを止めることは誰もできないのだから…

















nextstory