無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

2,181
2020/06/15

第5話

👓
ミツ❄♥@スマホ依存症さん
呼吸ありがとうございます٩(๑•̀ω•́๑)و ✨

--------本編--------
突然脳裏に浮かんだのは……鬼の呼吸というものだった……。その呼吸の方はすぐに覚えてしまったので、そのまま継続して使うことにしたが……全てにおいて上弦の鬼と無惨の特徴に当てはまっている……まあ、他の私に敵対的な鬼を倒せばいいんだよね……ならいいや、と思いながら無惨達に伝えてみんな了承した上で使っている
鬼舞辻無惨
鬼舞辻無惨
ふむ、それぐらい強くなったか……
黒死牟
黒死牟
はい、なので夜に外に出ていいかと
鬼舞辻無惨
鬼舞辻無惨
了解した……が、鬼殺隊に合わぬように気をつけろ……鬼殺隊はこんな服を着ていて刀を持っている……この前いた黒と水色の髪のやつは柱だ鬼殺隊の階級で一番強いものだ
白藤  (なまえ)
白藤 あなた
分かりました、早速ですが、散歩に行ってまいります
鬼舞辻無惨
鬼舞辻無惨
危なかったら、鳴女とよべ
白藤  (なまえ)
白藤 あなた
はい
(あなた心の中)
やったー、呼吸を使えるようになった
鬼殺隊の試験受けたいけど、鬼から絶対反感買うし、なんか的になるの嫌だわ笑十二鬼月といるってバレたらいじめられるよ、絶対めっちゃ怖いわ笑
白藤  (なまえ)
白藤 あなた
愛されたかっただけなんです

紛れもないパパとママに

殴られようが蹴られようが

僕は愛されたかったんです



笑顔でいつも隠しました

あなたに誉めてもらうために

『あなたが私のすべて』だと

言ってくれる日を待っていた



自分だけ、違う気がした

それじゃ今日も優しいふりを





愛されたい




今日にすがるように、僕は

生きたい死にたいを

繰り返してさ



曖昧に進んでく

したり顔で

醜い顔を隠す



変われない今日も一人なんだろう

誰も彼も何も信じられないからさ

目的はただ一つ

『あなただけが全て』と

言われたいだけだ



嫌われないように繕った

笑顔で友だちが出来た

繕う相手は違ったが

心から嬉しかったんだ



それから少しずつ自分が

汚く黒く思えてきて

うまくしゃべれなくなっていた

気づけば 皆 離れていった



自分だけ 違うだなんて

なんか羨ましくなっていて




死んじゃえ



もう大きらいだ

僕はもう周りと違う

化け物に思えてきて

正直しんどいけど



助けてなんて

ただ迷惑だろ?



辛いやって

叫んでしまえたら

どれほど気が楽に

生きられるんだろう



そんなことしたってさ

誰もが素通り

自分のことばっかり



僕だって 同じように

愛のある家庭に生まれて

笑いあって

『生きてて良かったね』って

素直に言い合えて



変われない今日よ 終わって

変わらない今日よ 終わって




愛されたい




なんて笑えないけど

何も出来ないままで

大人になってゆく



曖昧に気付いてく


したり顔も出来なくなってゆく




変われない今日が苦しくってもう

誰も彼も何も信じられなくてさ





とうとう言っちゃうのさ



『愛されてるくせに』


『ズルいよ』







愛されたかっただけなんです

紛れもないパパとママに

殴られようが蹴られようが

愛されたかっただけなんです



もう戻れない気がしますが

大人になってしまいますが



僕はひとりで生きてくから

どうかせめて笑って生きていて


外に歌って、夜に歌うことが好きだったから……まぁ、鬼滅の世界に来て歌うとは思わなかったけど
白藤  (なまえ)
白藤 あなた
?
気づくと周りに柱の気配、周りが柱だらけ……9人全員揃ってる……嘘っ捕獲されんの?っていうか
白藤  (なまえ)
白藤 あなた
この気配は9人ですよね?……あと、鬼が1人……どなたですか?
柱たち
派手にバレたなぁ
柱たち
うむ!バレてしまったな
柱たち
南無阿弥陀仏
柱たち
今日は月が綺麗ですね〜今日はあなたに話があってきたんですよ
柱たち
そ(う)だ
柱たち
お前がァ鬼と一緒に生活しているやつかァ?
柱たち
この前の綺麗な子だこの子で違いないよ(( ゚ ρ ゚ )ボー)
柱たち
(この子可愛いキュンキュンしちゃう)
柱たち
そもそもお前は何で人を喰う鬼と共にいるのだ?ネチネチネチネチ
そう、入れる言われたのでちゃんと目を見て言おうと思って後ろを見た……そうするとみんな驚いた顔をしてこちらを見る
白藤  (なまえ)
白藤 あなた
……鬼の呼吸 壱の型 無様な死
柱たち
?!(攻撃された!?)
白藤  (なまえ)
白藤 あなた
あなたたち、確か柱ですよね?後ろに鬼……居ましたよ
気配を消せる鬼のようでしたね……では、私はあちらに行きますので
柱たち
…うむ!ありがとう!礼を言う
白藤  (なまえ)
白藤 あなた
では、帰らせていただきます 
鳴女さんお願いします
ベベン
まだ柱にお会いたくなかった……私と関わると死が近くなるかもしれない……まぁ、殺させないけど



続く