無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第59話

電話【テオsaid】
1,580
2018/09/17 07:19
プルル...

プルルル...
テオ
んぁ、誰だ?
いきなり電話音が俺の部屋に鳴り響く。

誰だと恐る恐る見るとそこには
「みや」という名前が画面に映っていた。
テオ
あ…みや…
みやとは気まずい仲でなかなか喋ったりはしていない存在。

そんな人から電話なんて、
なにかあるのかと思い電話をでる。
テオ
もしもし?
みや
あ、テオくん?
みや
あの、ポッキーダンスのメンバーなんだけど
みや
ももてぃんこってやつと
テオ
おう
みや
じんちゃん。
みや
だから
テオ
え、は、ちょ
テオ
みや!!
プツ..

ツーツー....


電話はすぐに切れてしまった。
テオ
あいつ…、何考えてんだ…
みやの考えてることは全くわからない。

だが、何か企んでる。っていうことは
俺でもわかった。
テオ
じん…たん…
俺の元恋人。

もう何年もじんたんに会ってないなぁ、
今何してんだろ。

テレビでも見てるかな?
それか読書?
それとも寝てる?


そんなじんたんの行動を考えている。
テオ
…会いたいな…久しぶりに、
じんたんと会えるチャンスはポッキーダンスの時だけ。


…不安が楽しみに変わっていく。
テオ
楽しみ、だな
1人で微笑みながらその時を待っていた。