無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第55話

じんたんの人生【じんsaid】
1,303
2018/07/20 12:15
俺たちは無事に卒業式を迎え、
卒業生はもう帰る時間になった。


卒業式の1日が終わり、
みやとはまた会えるがテオくんとはもうこれっきり会えない。

最後にしっかりお別れを言おうか迷った。
じん
…テオッ
名前を呼ぼうとした。
お別れを言おうとした。

でも、自然に声が出せなくなり、
結局お別れは言わなかった。
じん
……
なんだかまた、テオくんに会える気がして
「さようなら」の言葉が言えなかった。
みや
じーんちゃん
みや
またいつか会おうねっ
じん
会おうねじゃなくて会う!
みや
ははっ、そんなに俺に会いたい?
じん
当たり前じゃん!
みやとこうしてイチャイチャして、
いっぱい話して
いっぱい笑顔になることも

今まで以上に減るんだよね。
じん
…でも、
じん
大人になってお互いが引っ越したとしても












.....




















じん
絶対会おうね!














その言葉をみやに残してから

数年後が経った。


卒業後、また会おうね。
なんて言っていたがそれっきりみやの姿は
自分の目の前には姿を移さなかった。



まぁ、みやは大学も行ってるし、
忙しいから仕方ないか…。
















大人になり、俺は未だに実家を離れなかった。

















ある日、ニコニコ動画というものに興味が湧いた。

自分もいつか投稿してみたいな、
なんて思いながら画面を見つめていた。


じん
ニコラッパー…
じん
かっこいいな…

この日から俺はラップに興味が持った。