無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第54話

ほんとにじんちゃんは。【みやsaid】
1,293
2018/07/08 12:13
みや
じんちゃん遅いなぁ…
じん
…っ…ひっ…
じんちゃんはトイレから帰ってきた。

その帰ってきた表情は泣いていた。
目を擦りながら俺の方へ来る。
みや
じ、じんちゃんっ…?
どうしたの?と問いかける前に
じんちゃんは先に口を開け、
じん
俺っ…テオくんに…
じん
嫌われちゃったのかな…っ
じんちゃんはそう言い出した。

なんだ、そんなことか。
みや
…大丈夫
みや
テオくんはじんちゃんのこと嫌ってない
なんて。俺は余裕な微笑みをじんちゃんに見せた。

絶対、絶対、じんちゃんのこと嫌ってるはずがない。
そう言い切れるほど俺はテオくんのじんちゃんへの感情が行動に出ていることがわかる。
じん
ほん…っ…と…?
みや
うん…。大丈夫。大丈夫。
じんちゃんの頭優しく撫でる。
みや
さぁっ!今日は卒業式だよ?
みや
最後は笑顔で終わろうよ!
微笑みを向け、じんちゃんは微笑みを返す。
じん
うん…!
元気になってよかった…

ホッとした表情が出ているのは自分でもわかった。












ほんとじんちゃんは、




























みや
テオくん想いなんだから、