無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第56話

テオくんの人生【テオsaid】
1,225
2018/07/20 12:16
はぁ…結局高校卒業してからじんたんに会ってないな…
テオ
暇…

そんな暇な時間を費やすために
俺は″Vine″というものを撮っている。

ほんの6秒動画だけど
少しでも面白い6秒動画を取るために
日々ネタを考えている。
テオ
んー…今日はあれでいくか…




今回のネタはというと...























テオ
ねぇ!構って!
「後でな」
テオ
ねぇ!構って!
「んぅ…後でな」
テオ
んむぅぅ…
「おうおうおぉ?!」













よし、できた。

『ぶりっ子の頂点』

っていうタイトルにしようかな、
テオ
動画伸びるといいけどな、

そしてこのネタは再生回数が多く、
俺は一躍有名に。

Vineの中でもトップの方だった。

そんなVineのパーティーが行われることになった。
もちろん俺は誘われた。
























そんなパーティーにまさか、
アイツがいるなんて。














みや
…ん、テオくん?
テオ
あ、みや?
そのアイツとはみやのこと。

高校以来全く会っていなかったため
懐かしく感じた。
みや
久しぶりー!
みや
まさかこんな所で会うなんて!
みやは俺に笑顔を向けた。
テオ
そうだな!
俺もみやに笑顔を向ける。


だけど少し恨みを持っていた。

じんたんと付き合っているから。
でも今も付き合っているのかはわからない。

自然消滅も有り得る。


なんて思いながらみやには作りの笑顔を向けるばかりだった。