無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

第4話
今までのストーリーの続きです。
視点は舞乃ちゃん
~本編です~
寧々ちゃんのお手伝いでトイレ掃除に行きましたが、やらかしたかも…
八尋寧々
八尋寧々
は、花子くんのこと!
花子くん
花子くん
マジで、俺見えんの!?
八尋寧々
八尋寧々
(・д・ = ・д・)
花子くん
花子くん
(・д・ = ・д・)
そのあとから、寧々ちゃんは周りを見渡したり、花子くんという男の子と騒いでいたのでした(小説の力今ここで、喋るのパース!←彼は中二病を患っています。)
柊    舞乃
柊 舞乃
心の声
ヤバイ、やらかしかなぁ。
ここでバレルのはキツイ(;゜∇゜)
柊    舞乃
柊 舞乃
んー
柊    舞乃
柊 舞乃
ネネチャン、ドウシタノ(棒)
花子くん
花子くん
棒読みひでーーwww
八尋寧々
八尋寧々
まぁ、いいや。
紹介するね、えっとσ(´・д・`)
花子くん
花子くん
いいよ。
ヤシロ、俺が自己紹介する。
花子くん
花子くん
俺はこの学園の七不思議が七番目、トイレの花子さん、花子くんでイイヨ。
柊    舞乃
柊 舞乃
心の声
知ってるよ
そんなぐらい ボソッ
花子くん
花子くん
柊    舞乃
柊 舞乃
へー、トイレの花子さんってえ!?Σ(;゚∀゚)
柊    舞乃
柊 舞乃
七不思議って本当にいたんだ!
ビックリというかカオス、この事実を世界へ広めたい…ゴクッ
八尋寧々
八尋寧々
だよね~、私も最初はそうだった。(゜_゜)(。_。)(゜_゜)(。_。)
花子くん
花子くん
(何て言ったんだろ、マイノ。まぁいっか)
花子くん
花子くん
じゃあ、マイノは俺に触れないと思うけど触れないと結構不便だから…ゴソゴソ
(ぽっけをあさる)
柊    舞乃
柊 舞乃
ねぇ、なんで名前知ってるの??
あ、触れたー!!\(◎o◎)/
花子くん
花子くん
名前はヤシロから聞いたしって、え!
触れたの!?Σ ゚Д゚≡( /)/エェッ!
(人魚の鱗を手に持っています)
柊    舞乃
柊 舞乃
うん。(*-ω-)
八尋寧々
八尋寧々
コソッ
花子くん、なんで舞乃ちゃんは花子くん触れてるの??
花子くん
花子くん
んっと、
八尋寧々
八尋寧々
ゴクリ(゚A゚;)
花子くん
花子くん
わかんない(・ωく)
八尋寧々
八尋寧々
わ、わかんないの!( ゚Д゚)
柊    舞乃
柊 舞乃
ん、どうしたの?
2人でこそこそと(~ ´∀`)~
花子くん
花子くん
ま、見える、触れるマイノにはこれからトイレ掃除に来ていただきマース!!!( ≧∀≦)ノ
柊    舞乃
柊 舞乃
え、トイレ掃除(;´゚д゚`)
花子くん
花子くん
そんな嫌そうな顔しないの!
八尋寧々
八尋寧々
な、仲間が増えた。
うれしー(*>∇<)ノ
八尋寧々
八尋寧々
舞乃ちゃん!
これからトイレ掃除一緒に行こうね😃
柊    舞乃
柊 舞乃
うん、わかった(^^ゞ
これからよろしくね、寧々ちゃん!花子くん!
花子くん
花子くん
ドキッ
柊    舞乃
柊 舞乃
心の声
ふー、何とか誤魔化せたかな。
ホント焦った、気を付けよっと(*^ω^)
~はい、切ります~
主と名乗りたい!!
主と名乗りたい!!
ごめんなさい、深夜アニメの録画を見ながら微笑んで書いているもので…。
切り方がとか、文章が雑いかも(じゃあ、ヤメロや←はい、わかってます、やめます)
主と名乗りたい!!
主と名乗りたい!!
急に学校のせいで課題が増えて遂に課題に追われる日が…
柊    舞乃
柊 舞乃
やらないやつが悪いんでしょ
主と名乗りたい!!
主と名乗りたい!!
うぐっ
お世辞でもいいから慰めて欲しかった
花子くん
花子くん
作者が悪いってwwww
主と名乗りたい!!
主と名乗りたい!!
みんなで僕のか弱いメンタルを破壊しようとしているな、許さないぞ!!
八尋寧々
八尋寧々
うわぁ、中二病
主と名乗りたい!!
主と名乗りたい!!
もぉ、今日はもう終わります。
主と名乗りたい!!
主と名乗りたい!!
バイバイ(*・ω・)ノ
柊    舞乃
柊 舞乃
おい、急に終わるな!
作者を止めろ
主と名乗りたい!!
主と名乗りたい!!
バイバイε≡≡ヘ( ´∀`)ノ
(何回逃げてるんだろう自分。そう思った作者であった)
というか、見ていただいてありがとうございます。
200人以上の見てくれたかた、お気に入り⭐️をつけてくださったかた、ハート♥️をつけてくださったかた本当にありがとうございますm(_ _)m。