無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

126
2021/07/24

第4話

3話 人間のせい
アナスタシア・アンノウン
アナスタシア・アンノウン
はぁ………………めっちゃ辛い…………
アナスタシア・アンノウン
アナスタシア・アンノウン
アーちゃんに相談しよっかな………
プルルルルル………(電話して……)



数分後………
アドニス・ジョーカー
アドニス・ジョーカー
なんで私に電話してくるの?
アナスタシア・アンノウン
アナスタシア・アンノウン
暇だから!
アドニス・ジョーカー
アドニス・ジョーカー
シバくぞテメェ。
アナスタシア・アンノウン
アナスタシア・アンノウン
めんごめんご……あれ?それレオナのゴミ箱に入ってたプリント?
アドニス・ジョーカー
アドニス・ジョーカー
そうよ。ってあんたのところはゴミ箱にプリント捨てるの?というか、いちいち見るの?
アナスタシア・アンノウン
アナスタシア・アンノウン
見るよ。普通でしょ?
アドニス・ジョーカー
アドニス・ジョーカー
アホか
アドニス・ジョーカー
アドニス・ジョーカー
これは、家族との思い出って作文なんだけども、うちの場合ね〜嫌な奴しかないから………
アナスタシア・アンノウン
アナスタシア・アンノウン
そっか…………あ、代わりに書いてもいいのかな。へのへのもへじ
アドニス・ジョーカー
アドニス・ジョーカー
ダメに決まってるだろ。
アナスタシア・アンノウン
アナスタシア・アンノウン
ジョーダンジョーダン!…………私は、お母さんもう居ないし、楽しい思い出も作れなかったから…………
アドニス・ジョーカー
アドニス・ジョーカー
………………
アドニス・ジョーカー
アドニス・ジョーカー
確かアンタの親って、無理矢理罪を着せられて、処刑されたんだよね。
アナスタシア・アンノウン
アナスタシア・アンノウン
…………うん。
アナスタシア・アンノウン
アナスタシア・アンノウン
とっても憎い。母様は何か悪いことはしてない。むしろ、人間のために頑張ってたのに。
アナスタシア・アンノウン
アナスタシア・アンノウン
アイツらのせいで。母様は死んだ。
アドニス・ジョーカー
アドニス・ジョーカー
…………人間ってのはそんな生き物なの。
アドニス・ジョーカー
アドニス・ジョーカー
自分の要求のために他人を利用する。
そしてソイツが使い物にならなくなったらポイ
そして、またピンチになったらそれを使う
ラギー・ブッチ
ラギー・ブッチ
そうッスよ。人って言うのは、そういうずる賢い、卑怯で悪い生き物なんスから
アナスタシア・アンノウン
アナスタシア・アンノウン
あ、ラギブチ、やほー
ラギー・ブッチ
ラギー・ブッチ
その呼び方、やめてくれませんかね…………
ジャック・ハウル
ジャック・ハウル
あ、先輩方。どうも。
アドニス・ジョーカー
アドニス・ジョーカー
こんにちわ。うちのエーデュースがよく迷惑かけてごめんね。
アナスタシア・アンノウン
アナスタシア・アンノウン
まーた迷惑かけたの?飽きないな〜。
ジャック・ハウル
ジャック・ハウル
まぁ、ほとんどエースですけどね。
アドニス・ジョーカー
アドニス・ジョーカー
シバきにいってくるから。その間、アナスタシアは落書きしないでね。ニコッ
アナスタシア・アンノウン
アナスタシア・アンノウン
はいほらへー