無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

教室
ー朝 教室に着いたらー

豆原→寝てる。でも目 開けたらすぐに
「おはよう」

(寝起きイケメン)

川尻→「おはよ!今日いつもと髪型違うね!」

(すぐ変化に気付いてくれるからモテる)

川西→友達と話してるけど目が合うと
手振ってくれる

(男友達に「誰に手振ってんの?」って
言われても「別に」って言う)

大平→教室入るとすぐに あっ って顔して
「ねーねー 昨日のあれ」って
おはようよりも先に話が始まる

(しばらく話してから「言うの忘れてた、
おはようっ」)

鶴房→「課題 写させて」『やだ』
「なんで!お願い!」
『なんか奢ってくれんだったらいいよ』
「わかった!わかったから!」

(でも奢ることなんてお互い忘れてる)

白岩→「おはよ〜、昨日ぜんっぜん
寝れなくてさ〜」

(ずっと話してられる)

佐藤→すれ違うと挨拶してくれる。

(席に着いて目が合うと、ジェスチャーで
“寝癖ついてる”って教えてくれる)

木全→特に何もなし。でも眺めていると
たまに目が合って「何?」って顔されて
『なんでもないよ』って伝えると
「なんだよ」って笑う

(一番いい関係)

河野→「テンション上げこやー!!!」

(上がります)

金城→ぼーっとしてるから挨拶していいか
分かんないけど勇気を出して「おはよう」
って言ったら「おはよ」って返してくれる

(この事に気付いた女子たちに
密かにモテてる系男子)

與那城→男子2人女子2人の4人グループの中に
自分もいて、朝教室に来たらまず
このグループでわちゃわちゃする

(いつかペアでカップルができる)

_____________________________________

実は私、女子校なんですっ

だからこういうのは憧れでしかないですね。

一番理想的なのは…

選べないですみんなです((

誰がいいかとかコメント欄に書いてみて下さい!!!