無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

じゅういち
翌日
Youの担任
誰か職員室に集配とりに行ってきて
You
いきまーす
Youの担任
ありがとう!お願いね
You
はーい









































































職員室
You
失礼します
先生に頼まれたプリントをとる
You
失礼しました
You
(寄り道して教室戻ろっ)
まだ教室に帰る気分ではなかったので寄り道をすることにした
ちょうど会った先輩と話していたら結構時間が経っていた
流石に帰ろうと思い、階段の踊り場に着いたところで
あの先輩がいた






































はじめ
あ、久しぶり
でも先輩は、雰囲気がガラリと変わっており、
髪は、寝癖が全くないストレート
髪をアレンジしてるだけなのに、見た目すごく優しそう






























あなたの好きなタイプだった
You
久しぶりです
はじめ
なにしてんの
You
職員室に集配とりに行ってました
はじめ
ふーん
You
先輩、雰囲気変わりました?
はじめ
あ〜
はじめ
(気づいてくれた///)
You
そっちの方がいいですよ
はじめ
惚れた?
You
え?
はじめ
なぁ、あいつやめて俺にしたら
You
冗談はやめてください、
はじめ
本気だから
You
ごめんなさい、失礼します、
それだけ言ってあなたは教室に戻った









































教室
Youの担任
おーそーい!
You
すいません💦
Youの担任
どうしたらそんな時間かかるの
You
寄り道してました´ω`*
Youの担任
笑顔で言わない
Youの担任
とりあえず席について
You
はーい
さこ
あなた遅すぎるよ‪w
You
さこ、実はさっきはじめ先輩にあって・・・・
さっきあった事を話す
さこ
だから、気をつけてって言ったのに
You
ごめん、
さこ
謝らなくてもいんだけどさ、またなんかあったら言ってよ?
You
もう大丈夫だよ笑
You
今後なんもないから

























そう思っていた


























































































































































あの日までは