無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第14話

じゅうさん
You
さこ、昨日部活終わってからさはじめ先輩・・・・
あなたは昨日あった事をさこに話した
さこ
先輩、あなたに対して本気なんじゃない
You
そうなのかな
さこ
だって、嘘だとしてもあそこまでしないでしょ
You
だよね、
さこ
あなたは、好きじゃないの?
You
え?
さこ
はじめ先輩のこと
You
自分でもよくわかんない、、
けどれんとの気持ちの方が大きい
さこ
あなた、れんとのことめっちゃくちゃ好きだもんね‪w
You
あんなかっこいい人いないよ///
さこ
‪w‪w‪wまぁ、またなんかあったら言って
さこ
いつでも相談のる
You
うん!ありがとう😊















































































休日
明日は、れんと付き合って1ヶ月!
さこに着いてきてもらいたかったけど、用事があるみたいだったので1人でお買い物にきた
何をプレゼントしようか迷ったけど、お揃いのブレスレットを買うことにした
You
(どこのお店で買お、)
いろいろ迷って、凄くおしゃれなお店の前に来た
You
(ここで買おっかな)
お店の中に入り、ブレスレットを買った
You
(ブレスレット買ったし帰ろ)
一段落して、帰ろうと思った
だが、今あなたの目の前には
れんとと、知らない女の人がいた
手を繋いぎ、笑顔で奥のお店へと入っていった
何が何だかわかんなかった
完璧なカップルみたいで、自分より何倍もお似合いだった
自然と涙が出てしまった
れんとは、そう言う人じゃないと思ってた
悲しませないって言ったじゃん





























































































































































もう人を信じれない