無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

きゅー
翌日
You
さこ、ちょっといい?
さこ
どうした?
You
あのさ、彼氏できた
さこ
マ!?
You
うん
さこ
彼氏ってだれ?
You
れんと///
さこ
えーーよかったじゃん
さこ
おめでとう!
You
ありがとう😊
さこ
いろいろ聞かせて?
You
いいよ



























数分後

































さこ
いいなーさこも彼氏欲しくなってきた
You
笑笑
さこ
また話いっぱい聞かせて
You
わかった‪w





















































3年生校舎はじめside
先輩
あなたちゃんが、陸上部のれんとくんと付き合ったらしい
女の子
れんとくんって、2年生のめっちゃかっこいい子でしょ?
先輩
そうそう
女の子
れんとくん結構人気だよね
窓から外を見ていたらそんな声が聞こえた
あいつが俺じゃない誰かと付き合った
そんなの聞きたくなかった
涙を堪えて、走って屋上にいく
俺がもっと早くあいつのこと知っとけば
もっと早く行動していれば
女に嘘コクなんかしてなかったら
思いつくのはマイナス発言だけ
我慢していた涙が一気に溢れ出た
恋なんかしなきゃよかった
あいつといろんなところに行きたかった
かっこいいところ見せたかった













































































































































































































あいつのことなんかもう忘れよう