無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

いち
はじめ
付き合ってください
女の子
お願いします。
はじめ
wwwwwww
はじめ
嘘に決まってんじゃん‪w
女の子
え?
はじめ
誰がお前みたいなブスと付き合うんだよ
女の子
でも、ずっと前から好きって言ってくれてたじゃん
はじめ
嘘コクって知らない?‪w
女の子
最低
俺は今日も1人の女を傷つける
いつからだろう
彼女に振られたあの日から嘘コクが止まらない
嘘コクだけでストレスもイライラもなくなる
俺は嘘コクに依存してしまった
もう学校中に俺の事は広まっている
だけど俺は全くそんなこと気にしない
どうせ本気で恋する人ができないから
俺には当分、運命の人は現れないだろう
俺は当分、恋をしないだろう
俺に当分、恋をしてくれる人は現れないだろう


































そう
















































































































































































あの日までは