無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

なな
今日は休みの日ですることも無くゴロゴロしていた
すると一通のLINEが来た
見るとそこにははじめ先輩の名前
LINEを開いてみると
はじめ
今度時間ある?
You
ありますけど、どうかしました?
はじめ
じゃあさ、今度遊びに行かね?
断りたかったけどここで断ったら後が分からない
You
分かりました
はじめ
じゃあ明後日駅前で待ってる
明後日、、
ますます大変なことになってしまった
You
(おわった、)


































明後日



































言われた通り駅前で待つ
すると向こうらか走っているはじめ先輩が見える
下手しないようにしないと
はじめ
おまたせ
You
どこ行くんですか?
はじめ
とりあえず着いてきて
You
はい






















着いてきてって言われたけど、大丈夫かな
You
(早く帰りたい)
はじめ
着いたよ
着いたのはあなたがずっと行きたかった水族館だった
You
えっ、ここずっと行きたかった所です
はじめ
そんなんだ((偶然か、
はじめ
とりあえず入ろ
You
はい!












入るとまだ建ったばかりだからか凄く綺麗でおちついていた
You
(ちょっとは安心できるかも)
いろんな魚や、ショーを見て回った
そろそろ帰る時間
はじめ
彼氏っているの?
You
いないです
はじめ
(よかった)
はじめ
いるのかと思った
You
いたら来てないです
はじめ
確かに
You
そろそろ時間なので帰ります
はじめ
送るよ
You
1人で帰れるので大丈夫ですよ
はじめ
そう、
はじめ
わかった!じゃあな
You
それでは
あなたは、1人でかえっていった
You
(さこにこの事話したらどうなるかな)
You
(迷惑かけたくないし秘密にしておこう)