無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

じゅー
れんと
あなた一緒にご飯食べに行こ
You
うん!じゃあ、屋上行こ



















































屋上
れんと
誰もいねぇ‪w
You
だね‪w
とか思ったけど気のせいだった
奥の方で誰かが寝ている
そう、











はじめ先輩が
はじめ
( ´0` ).。o((起きる
はじめ
!?
You
(気まずい、)
れんと
どうした?
れんと
あ、
れんと
別のところにする?
You
ううん、大丈夫
れんと
そう
You
お腹すいたし、ご飯食べよ
れんと
おう
はじめ
((屋上を出て帰る
ドン🚪((ドアを閉める音
You
、、、、
れんと
あなた?
You
え?
れんと
ボーッとしとったけど大丈夫?
You
うん!大丈夫!食べよ
You
いただきます




















食べ終わった
れんと
じゃあ教室戻ろ
You
うん
































































































































飛びます。
学校が終わり、家!
LINE🎶
一通のLINEが来た
はじめ
今日一緒にいたやつって彼氏?
You
まぁ、
はじめ
どこが好きなの
You
優しくて、面白くて、一緒にいて安心するところです
それだけ聞いて、先輩からは連絡が帰ってこなかった
未読無視ってやつ
でも、なんでそんなこと聞いてきたのかな






































翌日
今日は休日で遊ぶ人もいなくて、ずっと暇
だからインスタ開いて、質問箱を募集した
それから数十分経って質問箱を開くと沢山溜まっていた
質問に答えて、それをストーリーに載せる
あなたのストーリー⬇
れんとと、今どういう感じ?
=いい感じ/////

別れんなよお
=別れません!!!!

好きなタイプ!!!めちゃめちゃ細かくかたって爆笑爆笑爆笑
=優しい
かっこいい
相手を傷つけない
運動神経抜群!
一緒にいて安心する
身長高い!

付き合う条件は?
=優しい
面白い
頼りになる!
男の人の腕のぷくってしとるの好きなのわかる??
=えぇー、あなたは髪をセットしてないストレートなのがめっちゃ好き‪w








((こう言う質問あるのやってる人ならわかると思います))






































はじめside
やっぱりあいつと付き合ってたのか、、
俺だって、忘れようと努力したけどどうしても忘れられない
そう思いつつも、インスタを開いたらあなたがインスタのストーリーをあげていた
お互いフォローしてないから、少し抵抗があったけど気になってついみてしまった
そこに書いてあるのは、彼氏の事だったり
好きな人のタイプ?だった
俺は無意識にスクショしてしまった


















































俺があいつのタイプになったら少しは振り向いてくれるかな








((下手でした💦明日は金曜日なのでできたら沢山更新します))