無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

じゅうよん
昨日あったことは全てさこに話した
さこ
辛かったね、話してくれてありがとう😊
You
うん、、さこおおおおぉぉぉ((😭
さこ
よしよし
.
















































さこ
で、あなたはれんととの事どうするの?
You
とりあえず、今日話して別れるつもり
さこ
そっか、しっかり話しておいで
You
うん!ありがとう











































放課後
You
れんと、ちょっといい?
れんと

























屋上
れんと
話ってなに
You
別れてほしい
れんと
は?
You
見ちゃった、休みの日にれんとが女の子といるところ
れんと
あ〜、あれ姉ちゃん‪w
You
嘘つかんで!れんと一人っ子だって言ってたじゃん
れんと
チッ、だとしてもあいつ彼女じゃねぇよ
You
なら、だれ
れんと
あなたには関係ねぇよ
You
関係あるの!
You
とにかく別れてほしい
れんと
あっそ
そういったれんとは教室へと帰っていった
You
グス(๑o̴̶̷᷄﹏o̴̶̷᷄๑)
しばらく、あなたは泣いていた
泣き止もうとしたけど涙が止まらなかった
どれくらい泣いたのか、気づけば当たりは真っ暗だった
You
(泣いても無駄だ、帰ろ)
涙をこらえ帰ろうとした



その時だった








後ろが心地いい温かさに包まれた











はじめ
俺にしろって言ったじゃん
You
(先輩!?)
れんとと別れた時誰も屋上に入ってこなかったので
恐らくあなたがここに来る前からずっといたのだろう
はじめ
俺まだ諦めてないよ
はじめ
振られても、お前のことが好き
はじめ
返事ならいくらでも待つ
はじめ
だからせめて今は友達でいてほしい
You
わかりました
You
友達からでお願いします
はじめ
ほんとに!?
はじめ
やった\(*´∇`*)/
喜んでいる先輩の顔はとてつもなく無邪気で可愛かった
この時はじめ先輩は本当はすごくいい人なんだなと思った
はじめ
じゃあ、もう遅いし一緒に帰ろ!!
You
はい!
こうやってお願いするところは子犬みたいでついにやけてしまう
はじめ
早くー!
You
今行きます笑
教室に置いてあった荷物を持って一緒に門を出た
はじめ
ね、今日から友達なんだしタメでいいよ!
はじめ
あと、先輩じゃなくてはじめって呼んで!
You
わかった笑
You
でもそう言うはじめはあなたの事呼んでくれないじゃん
はじめ
そ、そうだっけ?
You
とぼけてるし笑
はじめ
それはおいといて、明日の放課後空けといて
You
なんで?
はじめ
行きたいとこある
You
わかった笑空けとくね
はじめ
やった!
You
じゃああなたこっちだから
はじめ
うん😊気をつけてね
You
うん、ありがとう!またね😊✋
はじめ
うん😁👋
You
(話してみたらわりといい人だったなぁ〜)
You
(さこにそっくりな人いたけど、気のせいかな、)






テスト終わりましたぁ〜
国語は時間なくて、漢字と読みの所が一つも出来んかった😭
体育は得意なだけあって割とできた⍢⃝ニパ
あと、ごめんなさい、
めんくんキャラ崩壊してました