無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,560
2019/02/24

第14話

🐯
エイジは編集で疲れちゃってぐっすり😴

そらとりっくんはなんかわかんないけど
寝ちゃいました笑



みっくんとあなたは全然眠れなくて、リビングに一緒にお喋り☼




その時あの時の事を話した。
you
you
ねね、みっくん
ツリメ
ん?
あなたside
みっくんが「ん?」って言った時の顔よ。
可愛い。可愛すぎる。
you
you
あのさ、入学仕立ての時クラスの子に責められてた時あったじゃん?
ツリメ
あーあったね笑懐かしい
you
you
その日の夜、LINEしてきてくれたでしょ?あの時強く言ってごめん。本当は嬉しかったの。
ツリメ
何急に笑
俺はね、あなたの力になれるもんならなんでもやるよ?べつにあなたに強く言われたからってなんも思わないよ笑
you
you
うぅ。ありがとう。
そう言ってくれると嬉しい。
するとみっくんが近寄ってきて…



ギュッ





暖かい。いい匂い。落ち着く。
you
you
みっくん…?
ツリメ
俺、あなた以外の女子見れなくなったかも
you
you
え、?
エリンギside
まてまて、抱きしめられた衝撃も凄いけど、今のセリフの衝撃もすごい。え、なになに
ツリメ
あなたが辛い思いをしてる姿見るの嫌だし、ずっと笑ってて欲しい。ずっとあの可愛くて輝いてる笑顔でいて欲しい。
you
you
え、今なんて?
うちのこと可愛い…?
つい、びっくりして離れた
ツリメ
え、いま可愛いって言った…?
ちょっと…眠くなってきたのかも…笑
you
you
何笑寝ぼけてるの?笑笑
そりゃ本当じゃないよね笑
あなたside
もしかして照れてる?
本当だったのかな…本当だったらいいのに。
ツリメ
俺眠いから寝るわ!おやすみ!
you
you
おやすみ…!!
ツリメside
絶対あなたキモいって思われたって。
可愛いからつい…
そりゃ嬉しくないよね😅
*☼*―――――*☼*―――――*☼*―――――*☼*――
凄くモヤモヤするけど、同じ部屋で寝ました







あーもう本当に意味不明な小説でごめんなさい🙏