無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

984
2020/04/01

第6話

5
隊士
鬼だ!!!!!!!!!!!!






小屋の開いている扉から



隊士の姿が見え



玄弥へと向かって刃を振るう
あなた

玄弥!!!!!!!!!!!!!!!!!!






私の呼び声虚しく





玄弥は首をはねられた







あなた

玄弥ッ!!!!!!!!!!!!……ウッ、玄弥ぁぁ!!!!!!!!!!!!








塵となってゆく玄弥の体を抱え



ただ泣きじゃくることしか出来なくて
あなた

いやだ……
ねぇ、玄弥ぁ!!!!!!!!!!!!








すると






もう体の半分が塵となった時
不死川玄弥
不死川玄弥
泣くんじゃねぇよ……
あなた

……ッ

不死川玄弥
不死川玄弥
最後にあなたに会えてよかった
あなた

…ンッ

不死川玄弥
不死川玄弥
約束守れなくてごめんな






どんどんと消えていく







不死川玄弥
不死川玄弥
愛してるよ……あなた










その言葉を最後に







玄弥の姿は消えてなくなってしまった








ずっと探していた大好きな人。








こんなにも呆気なく終わってしまうなんて…









玄弥……







私は約束守るよ…






そうして自分の首へ刃を向ける
隊士
おい!

お前何してる………










スーッと意識が遠のいていき







さっきの隊士の焦る顔を最後に










プツリと真っ暗になった