無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

975
2020/04/01

第3話

2
御館様
御館様
あなた
十分に気をつけて
よろしく頼んだよ
あなた

御意
















今日は1人任務。






急いで目的地の山へと向かう。


































目的地の山へつき



鬼の姿を探る。






目を閉じ


神経を研ぎ澄ませ


あなた

あっちだ








鬼の気配を感じた方へ足を早める。










犠牲者が出る前に





急がなくてわ。






















そして鬼の気配を感じる所で足を止めると


着いたのは小屋らしき建物だった。











刀を構え、勢いよく小屋の扉を開け



切りかかると






鬼は瞬時に刀を避け




私へと体を向き直した











その瞬間……










あまりもの衝撃に



刀を落としてしまった