無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

2
JIMIN
JIMIN
あなたあなたあなたあなたあなたあなたあなたあなたあなたあなたあなたあなたあなた
(なまえ)
あなた
個人情報を叫ばないでください
JIMIN
JIMIN
あはは〜、ごめんごめん
(なまえ)
あなた
中入って、オッパー
JIMIN
JIMIN
はーい
JIMIN
JIMIN
ジンー!
JIMIN
JIMIN
大好きなヒョンが来てやったぞーー
JIMIN
JIMIN
ハッハッハッハッ!
JIMIN
JIMIN
あ!そうだ!
JIMIN
JIMIN
HappyNewYear!!
(なまえ)
あなた
あけましておめでとうっっ!
JIMIN
JIMIN
ジンもおめでとー!
🐹「...............」
JIMIN
JIMIN
ハッハッ!そうかぁ!
🐹「......」
JIMIN
JIMIN
そうか、そうか!
本当にオッパは時々テンションがおかしい。
いつもはこんな声じゃないのに。
親戚のおじさん感出てる。
あ、いつもは
JIMIN
JIMIN
あなたー!
JIMIN
JIMIN
えへへ、かわいいねぇー
JIMIN
JIMIN
愛しのヨドンセン〜
JIMIN
JIMIN
えへ
みたいな感じ
(なまえ)
あなた
あ、
今思い出した。
用があるんだった。用があると気づいた私は、オッパとジンを残し、家から出た。