無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

15
2021/07/25

第14話

13
ジミンside


朝からご飯を作ってくれるあなたちゃんは、絵になるなぁ〜。






なんて気持ち悪いことぜんっぜん考えてませんからね??💦💦







あなたちゃんにジョングガのことどう思ってるか聞いたのはいいけど、曖昧だったなぁ、、




まぁ、ジョングガは完全にあなたちゃんのこと好きだからな〜。





さっき僕が、あなたちゃんと話してる時の顔なんてまじで嫉妬の塊だった、、😀






よぉーし、このジミン様が2人をくっつかせてやろうじゃないの!!!😋😋






ジョングクside


まだ眠っている体を動かして、歯磨きや顔を洗う。





リビングに行くと、キッチンで楽しそうに話しているあなたとジミニヒョンがいた。



不思議とその光景に、怒りを覚えた。



何故だか、2人の邪魔をしたくなった。






あからさまに2人の邪魔をすると、2人とも驚いたような顔をして、慌てている、?







もしかしたら、ジミニヒョンは、あなたを狙ってる、?




いやいや、ヒョンには彼女いるし、そんなことあるわけない。







聞いてみるしかないか、