無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

12
2021/07/31

第19話

18



 最近は、寝付きの悪い日々が続いている。








何故かと言うと、オッパが、ジョングクさんが女の人を夜に連れてきているから。











 夜に連れ込んでくるという時点で分かるかもしれないけど、






そういう行為の音が嫌でも耳に入って来るもので、、







 何故だか、そんな行為の音を聞いてしまう度に、







胸がキシキシと壊れ崩れ落ちていく感覚に陥ってしまう。








何故かは分からない。


















あなた「ユンギさん、ジミンさん、今お時間いいですか、?」








ジミン「おっ、全然大丈夫だよ〜」








ユンギ「はぁ、やっと相談してきたか、遅せぇよ。」









あなた「すみません。、、」











ジミン「ちょ、ヒョン、!言い過ぎです!」












ユンギ「すまんすまん、で、?話があるんだろ?」













あなた「はい、。実は先週ぐらい前に、ジョングクさんに告白されまして、」












ユンギ「やっぱりな、」

ジミン「えぇ!?そうだったの??」









あなた「えぇ、なのに私は、自分に自信が無いと自分勝手な事で、



ジョングクさんの言葉を受け止めれなかったんです。」









ユンギ「つまり、今ジョングガは失恋したから、女を連れ込んでるって事だな。」













あなた「はい、そういうことになります。すみません。」











ジミン「謝らないでいいよ。じゃあさ、あなたちゃんは、今ジョングガのことどう思ってるの?」











あなた「、、、どう思ってるかは表現しづらいいんですけど、





ほぼ毎日ジョングクさんの事を考えてしまっていたり、






告白された日に戻りたいと後悔しかしていません、」









ジミン「それさ、あなたちゃん、


ジョングガのこと好きなんじゃない?


ね、ヒョン?」









ユンギ「おん、完全に恋してんな。」







あなた「、、どうしたらいいんでしょう、」






ユンギ「仕方ねぇな。




俺が話する場作ってやるから、待ってろ。」