プリ小説
一覧へ

第1話

キャラ紹介(お知らせ付き)
ねぇ、神さま。
居るならば私を助けてください。
私はいつもいつも周りを気にして自分の意思で意見を言うことが出来ませんでした。
だけど、だけど今の私は変わりたい。
どうして私ばっかり。
ねぇ、神さま。
私に味方をください。
ねぇ神さま。
僕は今までずっと同じことしか言ってきませんでした。いや、同じことしか言えなかったんです。だけど僕は神さまの気持ちが少しずつ分かるようになって来ました。
こうやって僕がやけ酒している間にも神さまはきっと辛いのに無理しているんでしょう?
神さま、僕はあなたを助けたい。
だからどうか、あなたの所へ行かせてください。












《自己紹介》
ゆっくん
ゆっくん
皆さん初めまして!
ゆっくんと申します!
ゆっくん
ゆっくん
よく居酒屋で酔い潰れてヤサミネくんに話を聞いてもらってます!
ヤサミネくん
ヤサミネくん
それは自己紹介なのか?
マイナちゃん
マイナちゃん
な、何か…悪口言われないかな…
ヤサミネくん
ヤサミネくん
言われないでしょ。
まぁ、言ってきたら吹っ飛ばせばいいし
ゆっくん
ゆっくん
ヤサミネくん…そんなことせずに平和にいきましょう、平和に…。
ヤサミネくん
ヤサミネくん
…俺はヤサミネ。
よくゆっくんの愚痴を聞いてるけど、俺にだって不満はあるんだからな。
ゆっくん
ゆっくん
すいません…
マイナちゃん
マイナちゃん
私は、マイナちゃん…です
ど、どうしよう、自分でちゃん付けなんて痛々しいかな…⁈
ゆっくん
ゆっくん
いやいいと思いますよ⁈
ヤサミネくん
ヤサミネくん
大丈夫。
コイツなんて自分でゆっくんって名乗ってるから痛々しさでは同じだよ。
ゆっくん
ゆっくん
ヤサミネくん!!今日から呼び方ヒドスギくんに変えますよ⁈
ヤサミネくん
ヤサミネくん
痛々しさでは同じ…
ゆっくん
ゆっくん
もういいです!!あとはナレーションさんに任せましょう!
マイナちゃん
マイナちゃん
ま、丸投げなんて…!
ヤサミネくん
ヤサミネくん
いい、いい、ナレーションさん絶対ここら辺かお知らせにしか出ないだろうし。
ゆっくん
ゆっくん
ヤサミネくん!!酷すぎます!!
ヤサミネくん
ヤサミネくん
はぁ…⁇何が…⁈
こちらが漫画世界の皆様。
しかし彼らはまだ自分達の正体について知りません。
また、このお話は数年前のドラマを見ていてパッと浮かんだものです。(分かる人には分かる)内容はオリジナルですが。

主人公の名前はあなた。
あなたさんは大人になってもずっと自分の気持ちを隠してきました。そんなあなたさんの趣味は…
《自作漫画で愚痴をぶちまけること》
ゆっくんを作り出し、いつも自分の気持ちを代弁させています。
また、とある学校に勤務しており社会の荒波に飲まれながら一生懸命生きているのです。
そんなある日、あなたさんの前に一人の青年が現れます。そこから人生が変わっていく…かもしれない。
あなた

アナタの分身、あなたです。

さて、口頭では面倒なので
現実世界の皆様を一気に見ていただきます。
タップして設定をご覧下さい。
母親
あなたの母です〜
長谷川 隆
長谷川っす…
菅生 貴教
菅生です、初めまして。
八神 麻里子
八神です、よろしくね。
田中 拓哉
田中です!!教師やってます!!
追加やお知らせがありましたら書かせていただきます。
マイナちゃん
マイナちゃん
ね、ねぇ、コレ何かしら…
ゆっくん
ゆっくん
何かの紙のようですね…
ヤサミネくん
ヤサミネくん
お知らせ…って書いてあるぞ
ゆっくん
ゆっくん
ゴホン!お知らせです!
主人公…もとい神さまが書いている漫画の内容を募集しています!
ゆっくんが愚痴ったりヤサミネくんが不満を叫んだりマイナちゃんがブチ切れたり…
アナタの日頃の愚痴を僕たちに代わりにぶち撒けさせて下さい!!
ちなみにちゃんとイラストも載せます!
また、採用された方の名前を話の中でご紹介させていただきます…だそうです!
コメント対応は僕とヤサミネくんが行います!
ヤサミネくん
ヤサミネくん
長いな…。
あと正月が近いから大喜利大会みたいなのもやるみたいだな。
俺たちの中の誰かからお題を出して、面白かった人の答えをイラスト付きで載せるってさ。
マイナちゃん
マイナちゃん
コメントお待ちしてます…!
多分来ないけど…
ゆっくん
ゆっくん
マイナちゃん…それ言っちゃうと…
ヤサミネくん
ヤサミネくん
絶対来ないやつ…

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

M.H
M.H
KinKi Kids、たまーに創作。