無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第41話

42
優太side

俺は朝起きてのんびーりとご飯を食べて
いつもの様に携帯見た時にLINEが来てた

どうしたんやろか。めずらしいな。
あなたが単独でLINEしてくるなんて
〜LINEの動画にて〜


”あんたがいなければ今頃廉は私のものだった”
↑ゆな
”私何もしてないじゃん”
↑あなた

”あんたがいなくなれば廉は私のものになる”
↑ゆな
ドン)道路に突き出す。
”だからさ”  ”死んで”

”や、めて。 やめて!”

ドン)車に当たる音


”ありがとう。お兄ちゃん”

”これ見つかったら警察型だぞ。”

”いいよどうせさ。”












” 記 憶 な く し て る ん だ か ら ”

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

nana 🍭
nana 🍭
K i n g & P r i n c e 💗 ”廉 く ん 推 し ” AAA✨ と て も 好 き で す 👩‍🎤 特に”宇野実彩子”←世界1愛してる ☪︎⋆。 暖かい目で見ていただけるとうれしいです😯👀💕 Jc2
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る