第18話

宿~2
898
2019/01/16 15:41
すしらー
そっか…二人きりにさせなければ良かったね…
あなた
いや、りく先輩は悪くないです!
あなた
でも、本当にどうすればいいか…
あなたは涙目になる
そんなあなたをりくが抱き寄せる
あなた
りく…先輩?
すしらー
あなたちゃん。今ならたくさん泣いていいよ。
すしらー
僕がいるから。
あなた
うぅぅぅ…りく先輩…
あなたはりくの胸の中で号泣した
すしらー
よしよし
りくはあなたの頭を優しく撫でた
あなた
私…強く…なりたいです
すしらー
あなたちゃんは絶対なれるよ
すしらー
僕が今まで見てきたあなたちゃんなら絶対なれる
すしらー
応援してるよ…
すしらー
あなた。
あなた
ありがとうございます…
あなたは突然の呼び捨てに動揺しながらもそう答えた
──────────────────────
エイジ
(まじであいつどこいったんだよ)
エイジ
あっすしらー
エイジ
ってその子って
すしらー
そう。あなたちゃん
エイジ
寝てるのか?
すしらー
うん笑寝ちゃったみたい
すしらー
寝顔が可愛くて起こしたくないんだ^^*
エイジ
さっさと運ぶぞ
すしらー
みゆちゃんは?
エイジ
もう部屋に戻らせた
エイジ
そういえばこいつ泣いてたんだけど
エイジ
なんか知ってる?
すしらー
知らないよ
エイジ
そうか
あなたを部屋まで運んだ2人
あなた
ンン…
すしらー
ふふっ。あなたちゃんってほんとに可愛いな笑癒されちゃう
エイジ
いつまでそんなこと言ってんだよ
エイジ
電気消すぞ
すしらー
はーい
──────────────────────
ピピピピッピピピピッ
あなた
ンン~…うるさいなぁ
カチッ
あなた
今何時?
時計は8時を指していた
あなた
あ!!やばい!寝坊した!!
あなた
9時半にこの部屋出ていかないといけないのにぃ!
あなた
りく先輩!エイジ先輩!起きてください!
すしらー
ンン…あなたちゃん…?
あなた
そうですよ!
バッ
あなた
キャッ
りくがベットの中にあなたを連れ出した
あなた
り、りく先輩っ!?
すしらー
あなたちゃーんつーかまえたっ
あなた
(これ、完全に寝ぼけてるー!!!)
りくとあなたとの距離は5センチ
あなた
(りく先輩の吐息が…///)
あなた
(しかもりく先輩に巻き付かれてて動けないィィ)
あなたはエイジを必死に呼んだ
エイジ
ん?あなたなにやってんの
あなた
動けないんです〜
あなた
助けてくださいィィ…流石に近すぎます…
エイジ
へぇー、昨日すしらーに抱きつきながら寝てたのに?
あなた
えっ!?
その瞬間、昨夜の記憶が蘇ってくる
あなた
///////////////
エイジ
ふっ。いつまでもそうやってくっついてろ
あなた
エイジ先輩の、ドSゥ
10分後
あなたは寝落ちしてしまった
エイジ
(あれ…こいつ寝てる…)
エイジ
(すしらー安心したような顔しやがって。)
エイジ
(ってなに嫉妬してんだ俺は!)
すしらー
ンン…もう朝?
すしらー
って…え!?
すしらー
あなたちゃん!?
あなた
ンン…ハッ!!!!
あなた
りく先輩!離してくださいぃぃ
すしらー
えっ!?ご、ごめん!
すしらー
なんであなたちゃんが僕のベットに!?
エイジ
引きずり込まれたんだとさ
すしらー
え、、、、
すしらー
ごめん…ほんとに僕は男として最低なことを…
あなた
だ、大丈夫ですよ!謝らないでください!
エイジ
そうだよなー、気持ちよさそーに寝てたもんなー
あなた
え、、、
すしらー
あれ?もしかして、えいちゃん嫉妬?
エイジ
いや、ちげーし
すしらー
図星かな?
エイジ
だからちげーつってんだろ!
すしらー
ムキになるなって
エイジ
うるせぇ
○────────────────────○

プリ小説オーディオドラマ