無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

ーゲームスタートー
ー1階大ホールー

ガチャッ

貴)誰か、いますか〜. . .?

大きなホールの中は
上の小ホールとは違って
血なまぐさい臭いはしなかった

桜)私達だけなのかな、

リ)先生達までみんな死んでたもんな

貴)そう、だね. . .

摩)しっ、誰かいるぞ

貴)え、

摩琴に言われ静かにしていると
奥の方から物音がした

??)誰かいるんですか?

??)おい、

貴)あの、!

私が中に入るとホールの奥には
私達と同じように5人の人がいた

??)もしかして、生き残った人ですか?

貴)はい!

??)私、向井今日子(ムカイ キョウコ)です!

摩)おい!あなた先行くなって. . .!

私のあとを追うようにみんなが
周りに集まり今日子さんの周りにも
人が集まった

今)えと、自己紹介、しましょうか?

貴)じゃあ、私達から

・・・・・・・

今)じゃあ、私達も
私は向井今日子です!

??)私は篠崎美愛(シノザキ ミア)
よろしくね!

??)私は金内斗哉(カネウチ トウヤ)です

??)僕は白神琴音(シラカミ コトネ)だよ!

??)俺は白神昇也(シラカミ ショウヤ)
琴音の双子の兄

貴)よろしくね!

自己紹介を終えると
どこからか不気味なベルがなった

チリンッ

チリンッ

『ザザッ. . .ゲームヲハジメマス. . .』

貴)ゲーム?

プツッ

放送が終わると大きなスクリーンに
文字が刻まれて行った

《ルール》

今)ルール?

昇)ゲームってなんだよ

《貴方達の中に“嘘つき”がいます》

《その嘘つきが今回みんなを
殺した犯人です》

貴)え、?

桜)どういうこと?

斗)何言ってんだ?

《嘘つきは今日から1人ずつ
皆さんを殺していきます》

《死にたくなければ》

《嘘つきを探し出して“殺してください”》

貴)え. . .?

《それではスタートです》

プツンッ

画面が消えると、みんなは
困惑した顔を浮かべていた