無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第6話

ー2人の部屋ー
それから今までずっと
片想いなんだよね

桜)あなた〜?

貴)あっ、ごめんなに?

桜)だから〜1人1部屋だと
危ないから男子とペアで2人1部屋にしよって

貴)男子と?

桜)まぁ、私とでもいいんだけどさ
なんかあった時に男子がいた方が
安全だしさ

貴)あ〜そうだね

桜)それにうちの男子組
力だけはいいからね守って
貰うにはちょうどいい

リ)なだそれ(笑)

摩)まぁ、ホントの事だし?

桜)じゃあいつもの感じでいい?

リ)そうだな

・・・・・・・・・・・・

摩)大丈夫か?

貴)うん、大丈夫だよ

摩)何があっても俺が
守ってやるからな!

貴)摩琴は頼りになるね!
ありがとう、

摩)おう!

悲しそうに目を伏せる彼女に
手を伸ばしす

そばに近づいて抱きしめたいのに
あと少しの壁が邪魔をする

ガチャッ

摩)ビクッ

貴)リカ?

摩)どうした?

リ)飯だってよ

摩)わかった、今行く

リ)おう

ガチャッ

貴)じゃあ行こっか

摩)そうだな

・・・・・・・・・・・・

今)え!そうなの?

貴)うん!そうだよ!

今)いいな〜

桜)あなたは色んなこと出来るからね

琴)女子力!!

貴)そんな事ないよ!(笑)

・・・・・・

昇)じゃあリカは桜那ちゃんで
摩琴があなたちゃん?

摩)そうなるな

リ)あぁそうだな

斗)お似合いだわ
頑張れよ?

摩)昇也は今日子ちゃん?

昇)まぁ、な(照)

摩)照れんなって(笑)

リ)じゃあ斗哉は美愛ちゃんか
琴音ちゃんは彼氏いるんだもんな

斗)当たり〜!
琴音は先輩だったか?

昇)3年生だな
サッカー部の部長

摩)おぉ、部長とかすごいな(笑)

リ)お前らも頑張れよ?(笑)

斗)おう!(照)

貴)なんの話しして〜んの?

摩)わっ、!ビックリさせんなよ(笑)

貴)え!ごめん(笑)

摩)大丈夫(笑)
どうしたの?

貴)ん?女子は食べ終わったから
先部屋戻ろって話になったから

摩)え、危ないから
俺も行くよ

貴)え、でも大丈夫?
今話してるのにいいの?

昇)俺らもそろそろ戻ろうかと
思ってた所だから別に大丈夫だよ

斗)女子を1人にすんのは
ちょっと心配だからな
摩琴頼んだぞ〜

リ)じゃあ俺も桜那の所行こうかな

摩)ほら、行こ?

貴)そうだね!じゃあまた明日

((お〜う

・・・・・・

摩)楽しかったか?

貴)うん!摩琴は?

摩)俺も楽しかった

貴)みんないい人そうだね

摩)だな!

部屋に戻りお風呂を済ませ寝巻きで
私達はそんな話をしていた

貴)桜那達って付き合うのかな?

摩)どうだろな?
両想いなのは確かなんだけどな

貴)そうなんだよね〜
もったいない感じする

好きな人と両想いなんて
そんな羨ましいことないよね、

摩)告白すればいいのに(笑)

貴)だね(笑)

貴)ふぁ〜、

摩)寝るか

貴)そうだね、

眠い目を擦りながら
布団に潜ると摩琴がカチッと部屋の
電気を消した

摩)おやすみ

その声に反応する前に
私の意識は夢の中へと落ちていった