無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第5話

4話




あなたside┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈


もう、本当にやだ……
めんどくさいことはしたくないのに……
しかも、教室に戻ったらクラスの色んな人に話しかけられたし……
あなた

はぁ…疲れた……

まふまふ
?どうしたの?あなたちゃん
あなた

いや、疲れたなーって

まふまふ
たよねー、僕も疲れたよ…
桃井チャン
あ、まふまふくぅーん!♡
まふまふ
え、あ、何?桃井さん…
桃井チャン
ねぇ、さん付けじゃなくて、ちゃん付けがいいー!♡
まふまふ
いや大丈夫…
桃井チャン
ひどーい、あなたちゃんのことは、ちゃん付けするのにぃー!♡
あなた

ま、まぁまぁ、

桃井チャン
あなたちゃんは、関係ないでしょぅ?♡
あなた

ご、ごめんなさい…

桃井チャン
それで?呼んでくれないのぉ?
呼んでくれないと、泣いちゃうよぉ〜♡
まふまふ
えっと…桃井……ちゃん……?
桃井チャン
えへへ…ありがとぉ、まふくぅーん♡
まふまふ
ちょ、その呼び方は…
桃井チャン
なんでぇ〜?可愛いじゃぁ〜ん♡
まふまふ
お願い…それだけは辞めて?
桃井チャン
はぁ……わかったよぅ〜、じゃぁ、またねぇ〜♡

まふまふくん、[まふくん]って呼ばれるの好きじゃないのかな?

すると、突然女の子たちの黄色い声が
クラス、この階に響き渡った
あなた

な、なに?




┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
はーい、終わりっ
次は、夜桜かな