無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第25話

🐿
1,594
2022/05/27 22:31



Han side



僕はあなたに隠してる事がある




あなたは僕がアイドルをやっている
事を知らない…

ハン
ハン
あなた…?
(なまえ)
あなた
ん?
ハン
ハン
僕さ……
(なまえ)
あなた
うん…?
ハン
ハン
その…アイドルなんだ
(なまえ)
あなた
…え?
ハン
ハン
それでさ…

そして今回の活動で腰をゆらゆらする
振り付けがある、いつもそこを踊る時


あなたを思い出す


あなた…どんな声出すんだろう
とか色々考えてしまう

ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°
あ、このハン大好きです🐿
サムネからして最高
ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°


そう伝えた


(なまえ)
あなた
そうなんだ……じゃ…する?
ハン
ハン
え………いいの?
(なまえ)
あなた
うん…オッパがしたいなら…ね?ㅎㅎ
ハン
ハン
んじゃ……"お言葉に甘えて"ㅎ



You side



そうハニに言われた瞬間
目付きが変わった



リスじゃなくて…






















猛獣…みたいな






そしては私はハニに押し倒された


ハン
ハン
わぁ~どれだけ我慢してたか…
ハン
ハン
優しくできる自信はないけど…
ハン
ハン
嫌なら…今僕を押して
(なまえ)
あなた
……は、ハニの好きなように…して?
ハン
ハン
言ったね?後戻りできないよ?
(なまえ)
あなた
うん


この後私は後悔する事になった


ハニは優しくキスしてくれる


(なまえ)
あなた
……もっと激しいの
ハン
ハン
はぁあなたは煽るの上手だねぇ~


そして舌を絡めて来る


そして離れると


細い糸が繋がっていた




そしてスーと
服の中に手を入れてくる

ハン
ハン
あなたの肌サラサラㅎ


ホックを外して
強調部を指でコロコロするハニ

(なまえ)
あなた
んっ、…それ…や…///
ハン
ハン
なんで~?僕は好きだけど


と、言いもっと触ってくるハニ


(なまえ)
あなた
あぁ…やめて……///
ハン
ハン
嫌だぁ~
ハン
ハン
美味しそう…


そう言い私の強調部を噛んできた

(なまえ)
あなた
あぁぁ!ハニ……////
ハン
ハン
ん?ひゃに?(なに?)
(なまえ)
あなた
んっ……いや…////
ハン
ハン
おいひぃ……
(なまえ)
あなた
んぁぁ……////


そして片手はもう片方の胸を
そしてもう片方は私の秘部に

ハン
ハン
もう濡れてんじゃん
(なまえ)
あなた
気持ちんだもん…///
ハン
ハン
なんか入りそうだね


と、言ってゴムを付け
中にずぶすぶとゆっくり入れてきた


(なまえ)
あなた
痛い…泣
ハン
ハン
処女?
(なまえ)
あなた
うん…


ぬるぬると動き始める
ハニの腰



(なまえ)
あなた
ふっ…あっ……ハニ…///


私は体制を起こして
ハニを押し倒してハニを見下ろした


ハン
ハン
あなた?


私は足をMにしてハニのを
入れた

(なまえ)
あなた
んっあぁ…///
ハン
ハン
痛くないの?
(なまえ)
あなた
少し慣れた…




ハニの声を聞きたくて
私は奥にグッとした






ハン
ハン
ふっあっ…///
(なまえ)
あなた
やっと聞けたㅎ
ハン
ハン
声聞きたかったの?
(なまえ)
あなた
うん…
ハン
ハン
もぉ…あなたの声も聞きたいから
いっぱい突っつくね?
(なまえ)
あなた
え?


そう言った瞬間
下から思いっきり突っついてきた


(なまえ)
あなた
んっ…あ"っ…ハニッ!!
ハン
ハン
余裕あると思ったけどないね
(なまえ)
あなた
ハニ…い…や…///
ハン
ハン
え〜でもめっちゃ締め付けてるじゃん


と、言った後ありえないくらいの
スピードで動いてきた

(なまえ)
あなた
あ"ぁ"…んん!!ハニ!!いやっ!!
おか…あぁ…しくなる!!!!
ハン
ハン
おかしくなりな?
(なまえ)
あなた
んっ…イク!!!!!
ハン
ハン
イきな
(なまえ)
あなた
はぁ…はぁ…はぁ…
ハン
ハン
何休んでんの?僕まだイってないからね?
(なまえ)
あなた
待って…休ませt、んっあぁ!!
ハン
ハン
無理ッ……あ、イク…///


やっとハニがイってくれた


(なまえ)
あなた
ハニ……
ハン
ハン
ん?もっとして欲しいって?
(なまえ)
あなた
ちがッ……んっあ"ぁ"…ハニ!!!



私達は日が昇るまで
ヤり続けた





~END~