無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

一覧へ

第2話

2人の奇病
いやー出会っちゃいましたね…
運命を感じる予感💪(^q^💪)うほっ
さて、この2人がどうなるんですかね〜
続きどうぞ↓
えっと話忘れてたことがある。
僕は「多彩症」という奇病にかかっている
なんで奇病にかかったのが僕なんだよ!
ってよく思うんだよね。
多彩症っていうのは色が見えすぎるんだ。
ん?どういうことかって?
んー、簡単に言うと人の気持ちや言葉が色で見えるんだ。
例えば人の気持ちが黒く見える時人は病んでいたり、恨みを買っていたり、妬んでいたり、
マイナスな表現が多いんだ、
その逆、黄色やオレンジなど明るい色ほど人の気持ちも明るくなる。ということ
俺は色が嫌いだ。人の大半は黒いんだ
人の心が読めるとか言うだろ?それの色版。
人の怖いとこしか見えないんだ。






ー放課後ー
七瀬   天
七瀬 天
部長?
向井   翔
向井 翔
あ、ごめん考え事してた
向井   翔
向井 翔
あ、これ入部届の紙
七瀬   天
七瀬 天
ありがとうございます!
七瀬   天
七瀬 天
もう下校時間ですね!帰りましょう!
向井   翔
向井 翔
うん。
七瀬   天
七瀬 天
家あっちの方なんですね!
じゃあ一緒に帰りましょう!
向井   翔
向井 翔
おう
あれ、今思ったけど七瀬さんの心の色が…虹色?何だろう…虹色って…
(ププッー)
乗用車がクラクションを鳴らす
ん?は?!
七瀬   天
七瀬 天
ワッ!
危なかった…
向井   翔
向井 翔
おい!なんで信号赤なのに飛び出してんだよ!
向井   翔
向井 翔
まるでお前色が見えてないみたいじゃないか
七瀬   天
七瀬 天
うーん、分かった!部長だけに話してあげよう
向井   翔
向井 翔
え?まさか図星?
七瀬   天
七瀬 天
実は、私…

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

続きはまだありません

この作者の他の作品も読んでみよう!

💪(^q^💪)うほっ
💪(^q^💪)うほっ
よろしく(初心者)‪(꜆꜄꜆˙꒳˙)꜆꜄꜆ オツオツオツオツ‬
青春・学園の作品もっと見る
公式作品もっと見る