無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

露草の妖精
「はぁ……、女王様無理してるのかしら………。」
あの時から女王様は変わってしまわれた。あの人に……あいつに想い人を奪われてからは。他の人には悟られてはいないみたいだけれど…やはり無理をしているみたい。唯一心を許してくれるかもしれないのは私しかいないのだから。私はずっと女王様のお側にいよう。生きているうちの心の拠り所となれるように………。
露草の花言葉は『ひとときの幸せ』
どうか、どうか女王様にわずかでも幸せを…………