無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

赤い撫子の妖精
いつからだっけなぁ、君に夢中になってしまったのは。いつも優しくてでも少しだけ目つきが悪くて勘違いされてしまう君。目が合うとふっと微笑んでくれるけど私は恥ずかしくて目をそらしてしまう。もう何年も恋をしているけれどずっと変わらないこの気持ち。ずっと大切にしていつか、いつかは……君に伝えたい。
赤い撫子の花言葉は『純粋で燃えるような愛』
いつか結ばれる日を信じて………