無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

鈴蘭の妖精
今日のミサは無事に終わった。でも少し不安な事もあった。露草の妖精に言われたことだ。
あいつのせいで女王様のオーラがおかしくなっていたなんて。女王様を心から尊敬している私はなぜ気づけなかったの!!
心から尊敬する女王様には晴れやかな笑顔を浮かべていて欲しい。「女王」の仮面ではなく。
鈴蘭の花言葉は『幸せの再来』
尊敬する人に再びの幸せを祈って……